アクセス解析
FC2ブログ
「遥かなる時空の中で3」:白龍エンド 
2006 / 06 / 29 ( Thu )  17:33
昨夜遅く(昨?w)ようやく白龍とのエンドにたどりつきました。咳が出て眠れないなんてことはなくなったんですが、生活リズムが狂っちゃってて・・(^^;; どうにもこうにも。(苦笑)

とにかく、これで個別エンドは最後ですね・・・ 長かったような短かったような、ちょっと複雑な気分。
あ。エンド後時間をおいちゃったんで、今日の感想はテンション低めです。


とんでもないところに分岐があったりする白龍エンドなんですが、結果が大違いですよねー つくづくと。(^^;;
いや、同じといえば同じなんだけど・・・ (いやでもかなり違うようなw)

白龍自身とのイベントもなんですが、このルート、他の登場人物の見せ場も多かったような気がします。全員との絆(親密度)をある程度以上上げておかないとたどり着けないエンドでもありますし、最初がココからという人は少ないでしょうから・・ 最後に到達したわたしは正しい、のかな?



(そして例によってネタバレ回避用に分割します。ぶちぶち不満が多めかも。)

ふむ。さて、これで大きい声で言ってもいいかしら。

それじゃ黒龍はどうなんだー!と。(^^;;
白龍が人間としても生きられるのに、黒龍はダメなの?朔の立場は!?と、ものすごーーーく思いましたよー これ。

いや、よくよく考えれば違いはわかるんですけれどねー 白龍の場合は予備の(?)逆鱗があったから、人間と龍と両方に成ることが出来たんだってことは。
それに黒龍の方は、あれ「再生後」ですもんね。朔との思い出を持たない黒龍なんだろうということもわかります。(あーでも、そうすると余計に朔がかわいそう・・)
でもなんか、悪くて。(^^;; 友達を置いて、心置きなく幸せになっちゃっていいものかどうか、つい迷ってしまったりして。


ま、それはさておき。
なんか・・ 思ったより白龍ってかっこよかったかも。
なんていうか、なついてる子供~ って感じで、可愛いとは思っていたけど、それ以上の気持ちにはなれないなぁ・・と思いながら、ゲームを進めていたんですけれど、ね。
エンディング後の絵が、ねー あ、大きいほうですよ!もちろん!(笑)
あの人間になっちゃった大きい白龍の外見が、けっこう好みだったという・・  なんか自分でも意外。(^^;; 長髪美形には興味はなかったはずなんだけどなぁ・・(笑)


途中のイベントは・・ うーん。
わたしの一周目、ものの見事に「なーんも無し」だったのに、なぜか白龍が成長しちゃうあそこだけ、最初から出来ちゃったところだったんです。
だから何度あれを見たことやら・・ あきあきするほど見てますよー

そして、どうもこの白龍さんも、どっちかつーとヘタレ気味なんですねえ。四神にも器量を疑われてる龍神ってのも、どうなんでしょ。(苦笑)
でも、「遥か1」の時には無個性だった四神が勝手放題言ってるのが、なんか新鮮でした。もし「遥か4」とかが作られたら、四神も擬人化して攻略対象になっちゃったり・・・ するのかな。これは。
(んで、あの四神を取り戻すイベントでは、八葉の皆さんのセリフが良かったですねー わざわざリロードして全パターン確認しちゃいましたw)

「自分が力不足なせいで、神子が苦しんでいる・・」と白龍が悩むのは、意外にも他の人には無いパターン。(力不足に悩む人はいるけど、それがヒロインに直接的に害になるのは初めてですよね)
ものすごくドラマチックな展開・・・になってもいいはずなんだけど。そのつもりなのかもしれないんだけど。
梶原邸から一歩出るごとに何かある、って作りのせいか、ちょっと盛り上がりは物足りなかった、かな。もっともっとドラマチックになったはずだったと思うんだけどなぁ・・
ああ。でもここの頼朝さんと政子さんのやり取りは、ちょっと好きかも。「あなたが血まみれになっても手放さない」という、政子さんの一途さがたまりません。

そして・・ 景時さん、いいところ持っていきますねえ。(しみじみ)
朔のこともあるから、人一倍心配するのよね。
気の使い方、気の回し方・・ 頼朝さんとの応対のフォローまで。「あなたダメなんかじゃないから!」って何度叫びそうになったことやら(笑/ルート違いますって)
相手の耳に痛い、相手にとって聞きたくないかもしれないようなことを、あんなに親身に話してくれるなんて、ほんといい人です。でも、あれだけ言っといて「気にしないでくれていいから」なんて言われても無理ですってば!w

時代劇口調がめちゃくちゃ気になる(我慢できなくて、やたらとスキップしてしまう・・)屋島共通ルートを経て。

最後はちょっとスッキリしすぎかなと思いつつも、まあ、まずまずの結末、かしら。
またしても知盛さんが見せ場をさらって行き。(笑)
あと、清盛公が意外な家族愛(?)を見せてましたねえ。あれは意外だった。

身体ばっかり大きくなっても、やっぱり白龍ってば中身は子供だよなぁ・・と思ってたんですが、最後はちゃんと決めた・・んでしょうね。なんとなくかっこよく見えなくもなかったですし。
あー これは「声」の威力もあるのかなぁ。とっても優しくて暖かい声。あんまり意識してなかったんですが、最後の最後は「この声だからいいんだろうなぁ」なんて思って聞いておりました。


「人になって戻ってくる」白龍は、大きい方と小さい方とありましたが・・ わたしはやっぱり「大きい方」が好きかな。
小さい白龍は可愛くていいけれど、さすがに恋愛対象じゃありませんし!(^^;; 子持ちになりたいとも思わないし!!

そうそう、これ最後、こっちの世界はクリスマス・・ですよね?たぶん?
ゲーム全部の発端が「明日から冬休み・・」でしたから、一年がかりで「振り出しに戻った」のかなぁと、そんなことを思っていました。
あの一年は、(こっちの世界では)無かったことになったんでしょうか。やっぱり。
(そして白龍は、潜在的ライバル(笑)譲君を、ちゃんと戻してくれたんでしょうか。)


-----
これでようやく全部・・・ と思ったら、なんかまだあるのねー うわー(^^;;
でも実は、エンドを見ると、その人関係でセリフが増えたりしてるのを発見したので(特にヒノエくん!)天の青龍ルートを、もう一度やってみたい気もしてるんですがねー あのルート、他との共通点が少ないから、何度も見たイベントもほとんど無いし。(那智滝での兄弟げんかぐらいよねw)
スポンサーサイト
* テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス