アクセス解析
FC2ブログ
オンラインゲーム【貧弱】体験記 その4 
2006 / 06 / 28 ( Wed )  18:01
うーん、このテーマ書くの久しぶりですね・・
本も読み終わってないし、ゲームもエンドにたどり着けてない・・となると、まあ、こういうことに。(^^;;

今のところ最終回かもしれない「その4」です。

「その3」に書いたDragonW arcryで知りあった方の中には、当然のことながらオンラインゲームに詳しい方(このゲーム自体がそれほどメジャーなものじゃないのに見つけてプレイしているわけですから)がありました。
そんな方の一人に教えてもらったのが、Dofus(ドーファスと読むのかな?)というフランス産のオンラインゲームです。> http://www1.dofus.com/(フランス語サーバと英語サーバがあります。わたしは英語の方で遊んでました。残念ながら日本語では遊べないの/どうやらドイツ語サーバも出来た・・のかな。ドイツ語の案内ページが出来てますね)

これもまた、DragonW arcryと同じく、メイン部分はFlashPlayerで動くようになっています(Macでも遊べます)が、こちらはスタートは無料とは言え、れっきとした商売として営まれているゲーム。
規模も何もかも、まるで違います。
・・・まず、音とか画像ファイルとかダウンロードしなきゃならないしね。(^^;;

ゲームをスタートすると、最初はバラエティに富む種族から1つを選んでのキャラクター作成から。
これ、絵は種族x性別で固定なんですが、髪・上衣・靴etc.のパーツごとに色は自由に変えられます。これだけでも面白くて時間をかけちゃったりして。(笑)
最初は、どの種族で作るのがベストかなんてわかりませんから、とりあえずなんとなく雰囲気で。案内ページから入れる先に詳細な資料集もあるんですけどね。さすがに英語であれだけ長文を読みきってからのスタート・・だと、いつ始められるかわからなかったもので。(あはは)
あ。でも、一応ある程度は説明を読んでから始めたほうが良いかも。「どんな世界で、どんな種族がいて」ぐらいは知らないと、ビックリしちゃいそうですし。

作成したキャラクターでゲームをスタートすると・・をを!
わたしがそれまでに経験したことのあるオンラインゲームとは大違いの華やかな画面が現れました。
ま、Windows向けのMMORPGなんかを沢山やってる方から見たら、これがどうなのかはわかりませんが・・・ 
とにかく、画面の中にたっくさん他のプレイヤーがいて、それが同時に動いています。吹き出しから声を出しています。(いちおう別ウィンドウで同じエリアにいるプレイヤーの発言は確認できます)

最初は種族ごとの聖像前から。簡単なレクチャーが受けられます。(うっかり断っちゃうと右も左もわからなくなっちゃいますけれど。(^^;;)
わたし、最初はレクチャーのセリフをちゃんと読んでなくて、途中でわからなくなってあわてました。ノンビリ読んでるとどんどん先のセリフが出てきちゃうので、ご注意ご注意・・
ちゃんとレクチャーを聞いていれば、戦闘の仕方(いわゆる「タクティクスバトル」または「シミュレーションRPGタイプ」の戦闘方式)や、その他アレコレ教えてもらえます。レベルも1つぐらいは上がるはず。

そしてゲームの本編へ・・・
って、最初は聖像の元にいるNPC(ゲームシステム側で準備してあるキャラ)から簡単な依頼を受けるところからのスタートです。中身はほんとに「おつかい」です。「お前のために武器になる~を作ってやるから、その材料になる~と~を見つけてこい」みたいなの。
ある程度、家庭用ゲームのRPGをやったことのある人ならば、こういう流れはわかりやすいし入りやすいんじゃないかしら。

ですが・・ 歩き始めて(あ、マウスで目的地をクリックすると、そのポイントに向かってキャラが移動するんですが)気がつくのは、これが「マルチプレイヤー」ゲームだということ。
「○○売るよ!売るよ!売るよ!」と大声で叫んでいる人やら、忙しそうに行き来する人。いきなり「Challenged」とか出て決闘を申し込まれたりすることもあります・・が、これはほっとくと時間切れで断ったことになるので、最初は無視・・ と。(^^;;

エリアを移動して、頼まれたものを集め・・ ここで意外に大事なのは、ノートか何かに地図を書いておくこと。エリア内は一目で分かるからいいんですが、どのエリアに何があり、誰が(NPCがね)いたか・・をメモっておかないと先々つらいです。迷子になっちゃうし・・
わたしは大きめの紙に3センチ角の升目を書いてマップを作りました。
マッピングなんて、昔々88でゲームをやってたころ以来ですよー(笑)

ま、そんなこんなで「おつかい」も無事に終了。とりあえずココがスタートライン、でしょうかね。
この段階まで、プレイヤーは他のプレイヤーとやり取りをする必要はなし。普通の(オンラインじゃない)ゲームをやるような感覚で遊べます。
背景に、たくさんの他の人たちが居て、それぞれ自分の都合で動いている・・ということ、以外は、ですけれどね。


この後も、序盤は一人で出来るクエストが沢山。
作った地図を片手に、あっちへ行ったりこっちへ来たり。
そんなことやってるうちに、なんとなくシステムにも慣れてきます。

モンスター退治ばかりをしなくても、選べる「職業」というのがあって、職について働く(?)だけでも、そこそこは楽しかったりして。
わたしはFarmerになって、その辺に生えてる麦やらなにやらを刈り取り続けたりしてました。他のFarmerさんと取り合いになったりもしましたけどねー(苦笑/「どっか他のエリアで刈れよー」とか文句を言われたり。(^^;; ある程度時間がたつと、刈り取った麦etc.は復活するんですが)

レベルが10を越えたぐらいから、クエストを片づけるのには「仲間」が必要になります。このゲーム、戦闘中に「自分のHPを」回復することが出来ないんですよー(いっしょに戦ってる仲間のは治せるみたいなんだけど) だから、ある程度以上の強敵に対するには、いやおうなしに(その場だけでも)仲間が必要。
そして仲間を得るには、そこそこ英語でのコミュニケーションも必要・・かもしれません。わたしは農業にハマってたので(笑)、そこまで行ってないんですけれどねー(同じエリアに居る人とおしゃべりぐらいはしましたが)
ゲームとは別に、コミュニケーション用のサイトもあって、そこで仲間を募集したりすることも出来るようです。

システムもそれなりに複雑だし、敷居が低いとは言えないんですが、クエストもアイテム名もその他アレコレも、けっこう小ネタが効いてるので、「のんびり見て回る」だけでも楽しいかも。
 
そして・・ 英語サーバは非常に国際色豊かでした。
エリアの真ん中に集まって、大声(?)でしゃべっている文は英語じゃない!なんてこともしょっちゅう。けっこう東欧のプレイヤーが多いようで、チェコ語とかリトアニア語(誰かが尋ねたのでわかった)とかロシア語とか、見かけました。スペイン語もよく見たなぁ。
わたしはキャラクター名がフランス語っぽかったらしく、よくフランス語で声をかけられてあせりましたが。(^^;;
日本語勉強中というアメリカの学生さんとローマ字で会話もしましたし。(笑)

うん。だからこれも「見ているだけでも」楽しいんですよね。(笑)


ただし、失礼なプレイヤーがいたりするのは、どこも変わりません。
職業につくのに必要な最初の道具を買うお金が無いからと、麦刈りしているそばに来て「金をくれー!!」と叫ばれ続けたりとかいうこともありましたし。(^^;;
言葉を交わしたら、あからさまにオコチャマという相手もあります。いちおう12歳以上って規定はあるんですがね。

英語ネイティブは少なめのようで、交わされる英語もかなりビミョウ。(^^;; 少なくとも英語の勉強にはなりませんよ!ええ!(笑)
ネット向きの短縮英語(「u r」=「you are」だったりするようなヤツ)を使ってる人も多いですしねー


ユーザーIDを失くしちゃったようなので、続きがプレイできないままですが、時々は麦の刈り入れなんかにログインしたいものです。(^^;;
画面の色合いもきれいだし、音楽もなかなかなんで、それほど真剣に取り組まなくても、短時間でも、そこそこ楽しい気分にはなれました。

ただし、本気でやるのであれば(料金もかかりますが)仲間と同じ時間帯にアクセスしていないといけないし、拘束時間も長くかかるだろうと思います。わたしはちょっとそこまでは出来ない、かな・・

スポンサーサイト



ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス