アクセス解析
FC2ブログ
スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
金色のコルダについて語ってみようかな その4 
2006 / 05 / 05 ( Fri )  20:48
「その4」です。
今日は音楽について。

練習して上手になってコンクールに参加する・・というゲームですから、音楽はたっぷり充実。
PS2にしては地味かもしれない画面のかわりに、データ容量をめいいっぱい音楽に注ぎ込んでるようで。

得られる楽譜19曲x表現技法がそれぞれ2~4。トータル51種類の「主人公が演奏する音楽」のデータがあります。表現技法ごとに、ちゃんと違う音が流れるのがこってますよねえ。
練習不足でへたくそだと、途中にノイズ(ヴァイオリンだからキィキィと)が入ってしまいますし。(^^;;
そして他のコンクール参加者達の演奏する曲も、それぞれちゃんと発表会シーンでは演奏が聴けます。さすがに「上手・下手」までは反映してないけどねえ。(笑/発表会シーンで聴いてて「うまいなぁ」と思っても結果(順位)とは無関係で残念w)
それぞれに「担当演奏者」(と言うのかなぁ)が付いていたようで、主人公のヴァイオリンと、もう1人のヴァイオリンでの参加者の演奏とは、ちゃんと違う人=違う感じに出来てます。音だけで、どっちの演奏か区別できますねえ。

またゲーム中に「合奏」というのがあり、これは覚えた楽譜(で、そこそこ弾けるようになってるもの)を、自分+周囲の音楽科生徒(コンクール参加者以外も)で一緒に演奏するというもので・・・
楽譜ごとに「楽器2種類」「楽器3種類」「楽器5種類」での組み合わせが決まっていて、周囲ある程度の範囲にその楽器を演奏できる(そして親密度が上がってて合奏に協力してくれる)人が集まっているときだけ、合奏できるというもの。
これ、ちゃんと楽器の組み合わせに応じた演奏が聴けるんですよー ちょっと短いけどね。
特に必要はなくても「あ、この組み合わせが出来る!」と思うと、どんな曲になるか試しに合奏してみちゃったりもします。(^^;;

と、かなり音楽面は充実している、のです、が・・・

(以下「が・・・」ですので、寛大なお気持ちでw)
ここで問題が一つ。(^^;;

ええと、わたしねえ・・ もともと、けっこうクラシックはファンなのです。(ただしオーソドックスなクラシックより、ちょっと現代的な、20世紀になってから作られたような曲の方が好き。ライブ主義(笑)なので持ってるCDは少ないですけどね。)
高校時代から「学生向け割引チケット」で、とあるオケの定期演奏会(毎月あった)に通っておりました。定期って、単発コンサートよりマニアックな曲もやるし、その時々で演奏者や指揮者の好不調が見えたりして、ものすごーーーーく「勉強に」なってしまうのです。長く通えば、同じ曲を指揮者違い・演奏者違いで聞くことも重なりますしね。
そんなこともあって、コウルサイのですよー 言わずにおれないのですよー

ゲーム中に出てくる曲の選曲そのものには、まあ、それほど不満はありません。
他のコンクール参加者の選曲は、それぞれ「ああ、この人らしい!」と思わせるものが多くて、ついニマッとしてしまったりもするし。

け・れ・ど・・・

最後の最後、コンクールとは別に、エンディングのキモとなるべき音楽がありまして。
愛の告白・・の代わりに、とある曲を主人公が演奏する・・というようなシーンなのですが。

この演奏が気に入らないのですよ。(^^;;

コンクール用の曲で、あれだけ情感豊かなものもあるのに・・ なんでココで、こんな「きれいなだけの」演奏かなぁ・・ と。(苦笑)
単に曲を聴かせるだけじゃないのだから(気持ちを伝えようというのだから)もっと情感たっぷりの、情熱的な演奏でもいいんじゃないかと思うんですよねぇ・・
ゲームとしては、もっとシーンを見て欲しいとか、セリフを聞いてて(読んでて)欲しいとか、あるのかもしれませんが、あの演奏で「気持ちを伝える」と言われると、ちょっと「・・かなぁ?」と思ってしまう・・・
BGMっぽい、ってことなのかな。個性が無くなってしまっていて。
もういっそ、相手ごとに違う演奏(同じ曲でも、ね)にしたっていいぐらいだと思うのに!

せっかくココまで音楽に気を使い続けてきたのに、なぜココで!と残念な気持ちでいっぱいですわ。はい。



あ。ちなみに・・ トランペットの彼が吹く「エンターテナー」は、(そもそもタイトル「エンターテインナー」もしくは「エンターテイナー」じゃないかというのはさておき)演奏に軽快感が無くてイマイチですな。もっちゃりしちゃって、もったいないです。
他にも曲によっては「(この人が演奏するなら)もちょっとスピードが」とか、細かい不満もあったりしますが(苦笑)、ま、その辺は趣味の問題もあるでしょうから・・・(^^;;

ほんと、最後は惜しいです。
スポンサーサイト
ゲームの話:金色のコルダ * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。