アクセス解析
FC2ブログ
スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
本の読み方 とか 
2006 / 06 / 19 ( Mon )  17:46
今日は暑いですねえ・・・ 暑いの苦手なんだけどなぁ・・・

と。
リンク先 沖山龍花さんのところで「ライトノベルの内容を(読後)覚えていない」という話題を読み、
「うひゃぁ、そういうものなのか・・・」と、ちょっとショックを受けてみたりして。(^^;;
(しかもそういう方、一人や二人じゃないみたい・・ね?)


こういうのは個人差だし、良いとか悪いとか言うことでもないですが・・・

いや、なんか、忘れちゃうのってもったいないよなぁと。
あー ちなみにわたしは、けっこうよく覚えてます。ちなみにマンガも、自分でお金を出して買った分は、かなりよく覚えてるんですけれど。
なんていうか、どんな娯楽であれ、「すぐに忘れちゃうようなものにお金を出すのってもったいない」ような気が。(←単にケチなのかなw)


にしても、どんどん読まれて、どんどん忘れられていく小説たち。
なにやらあわれな気もしますね。

そして作者さんには、もっと申し訳ない。
小説を書くというのは、それなりに身も心も削ることだと思うんですよねえ。「精魂込める」って言葉もありますが。
誰かの「精魂」(の一部)を、次々と捨て去っているんだと思うと、心が痛みます。
・・・ま、「その程度のものしか書けなかったんだから」って、冷たく突き放しちゃうことも出来なくはないのでしょうが。


「どんどん読み捨てていく」タイプの読者と、(わたしみたいな)再読はしないまでも「いつまでも心にとどめたい」タイプの読者。
小説に求めてるものはきっと大違いでしょうし・・・ 「読み捨て」タイプの人が増えて、それに合わせた小説が出版されるものの大半になったりすると、わたしなんかにはちょっとつらい時代になるのかも。

なにも高尚なものとか、すごい中身ばかりを期待してるわけじゃない(わたしにとってだって、読書は娯楽だし、時に現実逃避の行き先ですし)けれど、わたしにとっては、小説は「通過して忘れてしまうもの」じゃないんですよね・・・
心の中に、1冊ごとに一部屋ずつ、部屋を増設していくようなものだ・・ と、長年思ってました。(しみじみ)お気に入りの部屋も、そうじゃない部屋も、広い部屋も豪華な部屋も、逆に狭くて殺風景な部屋もあるけれど、少なくとも「無くなって」しまうものじゃない・・のだと。


って、あああ、なんか何が書きたいのかわからなくなってきちゃった。(苦笑)
ま、ちょっとショックだったんですよー (^^;; ってこと。

---
今夜中に天の玄武エンドの感想が・・ アップできる、かな。
スポンサーサイト
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
ブログと日常 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。