アクセス解析
スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
なぜか今さら『マリーのアトリエ』 (修正・加筆 4/11 11:00) 
2007 / 04 / 11 ( Wed )  00:58
今見たら、あまりにも日本語がヘロヘロ&説明不足が多いので、ちょっとあちこち修正加筆。m(__)m 4/11 11:00 a.m.
これ書いたとき、ほとんど寝てたんですよね・・ 

---------

コルダにも少し疲れたかなぁ・・・ なにより「乙女ちっく」な気分じゃないのよねー
と、思っていたところに、ふと目に留まってしまいました。

PlayStation the Best マリーのアトリエ プラス~ザールブルグの錬金術士~ PlayStation the Best マリーのアトリエ プラス~ザールブルグの錬金術士~
PlayStation (1999/12/17)
ガスト
この商品の詳細を見る


あれれ、これは「プラス」ですが、わたしが買ったのはプラスじゃない方。(アマゾンのプラスじゃないほうには画像がなかったのでこっちを)
元祖大本の『マリーのアトリエ』(PS版)です。
ベスト版でさえ無かった・・・

そもそもは、フリーゲームの『レミュオールの錬金術師』とか、その発展系のシェアウェア『海洋レストラン★海猫亭』なんかにハマっちゃったので、こういう「合成」&「お店経営」っぽいゲームは、もしかして楽しいんじゃないかと・・・ ってことは、本家本元のアトリエシリーズを一度はやってみなくちゃなぁと、そんなことを思っておりましたのですよ、最近。
そこに安いのが目に付いたもので、良い機会とばかり、ひょいと買ってしまったのでした。
(実はその場に「プラス」もあったんだけど、お値段が倍ぐらい違う(と言ってもプラス無しが500円で、プラスが1000円とか、そんなもんだけど)ので、とりあえずは安いほうを。(^^;;
もしも、ものすごーーーーく面白くて、もっとやりこみたくなるようだったら、このお値段なら、追加でプラスも買っても、まあそれほど悔しくないですから、って理由はセコいでしょーか?(^^;;


んで・・・
まあ、昨夜からやってます。
とりあえず一周して、エンディングまでたどり着きました・・・ むしろ最近のフリーゲームの方がボリュームはあるの、かも?

思ったより「合成&お店」系じゃなかったですねー 意外に戦闘の重要性の高い、RPGっぽいゲームだなぁと思いました。(まあダンジョン探索とかはないけれど)
「お店」要素はほとんどありません。「依頼」に応じて合成品を作るということはあるけれど、店頭に並べて売れるのを待つ、ということはないし。
合成そのものは、レシピ通りにしか作れないし、レシピ無しでは何も出来ないし、「をを!会心の~」とか言ってレアアイテムが出来ちゃったりする(笑/某オンラインゲームじゃあるまいし)ようなヒネリもありません、が。

ものすごくシンプルなわりには、けっこう遊べます。これ。
このぐらいストレートだと飽きちゃいそうかなと思ったんですが、意外に(少なくとも1周ぐらいでは)飽きなかったし。
合成する素材の組み合わせが、なんとなく納得できるというのも、一つの理由でしょうかね。(意味不明の組み合わせを強制されるより、「世界観の一部」として受け入れやすく、物語との整合性が高いので、「作業をやらされてるだけ」という気持ちになりにくい・・ということ、かな)

そんなに難しくもなく、ちゃんと説明読んで遊べば、誰でもそれなりのエンドにはたどり着けるようになってます。
まあ、一周目では途中でレシピが増えなくなっちゃって、けっこう行き詰まり感のある終わり方になっちゃったんですけれど。
(攻略サイトさま調べたら、「有名なハマりポイント」に落ち込んでいたらしい・・・(^^;; ベスト版だかでは修正されているらしいんですが・・・ あはは、おそるべし中古!(爆))


エンディングは複数あるようなんですが(わたしが、とりあえずたどりついたのは「エンディング5」というのだった・・・)、途中経過がとにかくシンプル(飽きるような単純さ、というのとは、ちょっと違うけれど)なので、何周もするのはつらいかも。
時々発生するミニゲームは、古風なアクションパズルが多くて・・・ 実は全然クリアできませんし。(^^;;

ボリュームが少なく感じるのは、実はフルボイスなので、PS用ディスクの容量が、このぐらいで目一杯だったという事情なのかも?
(実はけっこう有名どころの声優さんが出ていたりするんですよね。最後のスタッフロールを見るまで気がつかなかったけど。(^^;;)
もっとも、ゲームってボリュームさえあれば良い、ってもんじゃないですよね!


ふと思いついたときに数日ハマって、(とりあえずエンドだけは見て)それでまた放り出して・・・ 的な遊び方をするのには向いてるような気がします。
画面(キャラデザインや背景)も、とってもきれいですし。

スポンサーサイト
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。