アクセス解析
スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
『幻想水滸伝3』その2 
2007 / 02 / 11 ( Sun )  23:25
さてと・・・ 今日もまた長時間テレビの前に陣取ってしまいました。
ううう、なんつー日曜日の過ごし方だか。

ええと、ゲド編の第1章、そして・・・ というあたりです。

ようやくゲームが面白くなってきました。(^^;;
「んじゃ、今まで面白くなかったんかい!」という感じですが、クリス編とヒューゴ編は、ストーリーを知ることがメインのうえ、そのストーリーが暗いですからねえ。
それにまだ仲間を集めるところまで行かないので、「とりあえず進行に支障が無い程度にレベルを上げて」&「とにかく物語を追いかけていかないと」という遊び方だったんです。これだとゲームとしての楽しさは今ひとつ。

ゲド編もスタート地点ではストーリーの縛りがあったんですけどね、途中から自由度がぐっと上がって、ゲームらしくなってきました。

(というところでネタバレ回避に分割します)

さて、ゲド編。
あきらかにお互いに関係のあったクリスとヒューゴに対し、この人の立ち位置はちょっと離れているように見えます。
「どんなふうに他の二人と関わってくるのかなぁ・・?」と思いながらスタートしました。

まず、スタート位置はゼクセンの首都の宿屋。ふうむなるほど。

ゲドはハルモニアの辺境警備隊の隊長さんですが、この警備隊ってのは、どこかに常駐する衛兵ではなくて、むしろ遊撃兵なんですかね。しかも傭兵でもあるらしく。
宿屋でだらけているのは、その隊の仲間達。
名前は・・ うーん、これはコードネームなのかな? エースにジョーカーにクイーンにジャック。(キングはいないのかキングは?)
値切りスキル持ちの女好き(らしい)おじさんエースと、ドラゴ●ボールのタオパイパイあたりを思いださせる酒好き(らしい)炎魔法使いで格闘家のジョーカー。
紅一点の剣士クイーンに、天然ボケなのか実は裏のあるキャラなのか ろくにしゃべらないクロスボウ使いのジャック。
キャラクターの取り合わせ的には、今までで一番魅力的ですかね。このチームは。エースは幻水2に出てきた傭兵ギルバートさんの元部下なんですか、そうですか。なつかしいなぁ。

そもそも一番得体がしれないのは、主人公のゲドなんですが・・・(^^;;
(にしても、この名前、どうにかならなかったんですかねえ。ファンタジー系で「ゲド」って、かの名作のアレしかイメージできないんですけれど)

どうやらこの傭兵たちは、「炎の運び手」とあだ名される「何者か」を探しているらしく。
・・・炎の運び手ってのは、グラスランド近辺に昔から時々現れる何者か、のようですが。

とりあえず情報を求めてリザードクランの本拠地「大空洞」なる巨大洞窟へ向かいます。
ゲドさんてば、リザードクランの族長さんともお知り合いですか?(^^;; なんぞ古い盟約とかあったりする・・・って、あなた何者ですか、まったく。
この大空洞では、休戦協定がどーたらという時にクリスさんに会いに来ていた「第一隊左戦士」とやらが出てきて、ちょっと嬉しかったり(笑/いやトカゲ人間なんだけど、この人かっこいいなぁと思っていたので)、それに加えて「第二隊左戦士」さんも出てきて、わくわく。(笑)

ところが・・・ 休戦協定が結ばれそうだとのんびりムードになりかかっていたところへ、ゼクセンの騎士団がちょっかいをかけてきたという情報が!!
現場に駆けつけてみれば・・ あれれ? クリスさんらしき人が騎士たちを従えて登場しましたよ。あわてて出てきたリザードクランの戦士たちを次々と倒してしまいます。うわー これは、リザードクランも怒りますよね!
しかもとにかく片をつけて戻ってきてみれば・・・ なんと、ゴタゴタしている隙に族長が暗殺されたという大ショック! うっひゃー
なるほど、あの休戦協定締結中に、いきなりリザードクランの部隊が(クリスたちゼクセン騎士団に)襲いかかってきた理由がわかりましたわ。裏でこんなことが起こっていたのね。
もちろん、クリス編で、こんな暴挙に及んだ記憶はありませんし、ゲドチームのメンバーも「騎士にしては足音が軽い」から、彼らは偽者だろうと考えているようで。

とにかくリザードたちのところにはいられなくなり、今度はカラヤクランの村へ。
クリスたちが焼き打ちした、ヒューゴの村ですね。ここ。
またしてもゲドさんは謎の顔の広さを発揮して・・・ ルルのお兄さんとなにやら密談を。
これはどうやら
 クリス父 + リザード族長 + ルル兄 + ゲド
とかで、昔何かしたことがあるんですかね? 暁の四戦士・・ だったりはまさかしないでしょうが。(笑/暁の~はFF5ネタですw)

密談中、なんとパーティからゲドが外れてしまいまして!!
プレイヤーは、ほったらかされて、エースとジョーカーと同行するハメに。(^^;; ・・・って、このゲーム、主人公はゲド(+あと2人)だわよねえ?いったいぜんたい???

ヒューゴ編の時に武器防具屋でウロウロしていたカラヤの女の子アイラが、村の入口で何やら騒いでいます。
・・・と、オープニングムービーに出てきた(と思われる)白っぽい金髪おかっぱの女性(少女?)が、「ここは危険だから逃げろ」と警告に来たようです・・・ って、例の焼き打ちを知ってるの? てか、あの焼き打ち事件はゼクセン騎士団の窮余の策じゃなかったわけ??

思わせぶりで不吉なことばかり言う女に、アイラが怒って攻撃を仕掛けようとしますが、女は何やら魔法(妖術?)を使って逃げてしまいました。
ですが、アイラはそのまま追跡。この子、土の精霊の声が聞こえるとかで、「あの女はどっちへ向かったか」を、土に尋ねることが出来るのですねー(すごい)
傭兵たちも、これを放っておけずに、アイラを追い掛けます。

・・・と、草原の真ん中でアイラが女を追い詰めたものの、女のそばに謎の男が二人(これも唐突に)あらわれて、戦うことも問い詰めることも出来ないまま。
つーかまあ、男達が強すぎるだろうと、無理やりアイラを連れ戻したわけなんですが。

ここまででわかったのは、女の名前(セラ、とかいうらしい)と、彼女の言うところの「あの方」とやらが、今回の件に関わっているらしいこと。その「あの方」は、「100万の命を犠牲にしても」なにかを仕出かそうと考えているらしいこと。

ついでに、セラを連れ戻しにきた男二人は、どっちも美形じゃないかと思われることも。(笑/少なくとも傭兵たちより若い!)

で・・・ ええと、カラヤの村は、アイラ&傭兵たちが草原に出ている間に焼き打ちされまして。
村を失ったアイラがゲドチームと共に旅立つ・・ ということになりました。

ここまでで第1章かな?と、思いきや。
ここからが長かった! ・・・プレイ時間としては、ですけれど。

ここでとりあえず、ゲドたちは警備隊の本拠地のある街へ戻る・・ ことにしようかと言うんですけれど。
平面マップ上の移動可能ポイントが一気に増えたんですよ、ここで。

それでは!というので、本拠地の街は後回しにして、あちこちウロウロしはじめました。
交易所に入り浸って、商売にはまったり。宝くじを次々と買ってみたり。(笑)

その途中で「ビュッテヒュッケ城」とかいうのを見つけました。
城?と思いながら行ってみると・・・ あらまぁ。

このお城、なんでも「店をやりたい人に場所を貸す」という商売をしているそうで。
・・・つーか、お城とは名ばかりでボロボロなんですよね、ここ。(^^;;
で、そう、ついに!!
「お店をやりたい人がいたら、宣伝して欲しい」と頼まれまして!! ようやく、ようやく!!!!!

仲間集めが出来るようになりましたよーーー

この城の若い城主はトーマス君とおっしゃるんですが。
ここで、例の円盤画面がふっと現れ、小さな炎がぽっと(以前からあった3つの炎の間に)ともりました。
「トーマス編」がプレイできるようになったという説明付き! まだ主人公増えるんですか!!(^^;;

まあそんなわけで、あちこちをウロウロ。

ゼクセン首都で大道芸人の三人組をスカウトし。(そのうち一人は「トッポさん」というんだけど、もろに「できるかな」のノッ●さんのパロディですね。しゃべらないし)
騎士団本拠地ブラス城でジーンさんと、クイズ好きな学術指南担当者(眼鏡の女の子でした)をゲットして。
「もぐらアーマー」を高価に買い込んで、防具屋も確保。

ゼクセン首都へ向かう途中の森で、「見る目があるか底力のあるやつ」を求めている風呂職人(風呂桶職人?)も見つけたんだけど、まだ仲間に出来ず。

取得しているスキルとそのスキルの上がり具合で、ステイタス画面の「肩書き」が変わるのがわかったので、スキル上げにもはまりまして。

平頭山とやらで大きなカニを退治して、このゲーム初の「宝箱」も開けました。中身たっぷりで、持ち切れないと一部を箱の中に残しておくことが出来るのねー すごい。

そうして、あっちへ行き、こっちへ行き・・・ ついに傭兵チームメンバーのレベルは30を越えるまでになってしまいました。(^^;;
いやでも、この辺から面白くなったんですよ。交易も楽しいし、魔法と特殊攻撃と通常攻撃を取り混ぜた戦闘の仕方もわかってきて、強敵相手にイロイロやってみたりもして。

・・・クリス編、ヒューゴ編の1章は、それぞれ3~4時間ぐらいだったんですが、ここでたっぷり7時間ほどもかけました。


ようやく、山道を越えて(変な二つ頭の大蛇を倒して)警備隊の本拠地へ。

そこで何やら、「真の紋章狩り」とやらが始まるという話を聞かされた・・・ ところで、ゲド編の第1章は終わり。
でもビッキーちゃんの目撃証言らしきものあり、ギャンブルで勝たなきゃ仲間になってくれないお兄さんとの遭遇あり・・ で、まだ終わらせたくなかったかも。(^^;;



そして次は・・・ ヒューゴかクリスへ戻るつもりでしたが、トーマス編の第1章に手を付けました。
まだこっちは始めたばかりなんで、記録はまた明日。



スポンサーサイト
* テーマ:幻想水滸伝 - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:幻想水滸伝 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。