アクセス解析
スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
JACKIN(18禁BLゲーム)プレイ感想 
2007 / 02 / 04 ( Sun )  05:36
えー とりあえずバッドエンド2つノーマルエンドと各キャラのハッピーエンドを見ましたので、感想など。
あ。わたしにとってはこれが「18禁BLゲーム初体験」だったので、他のゲームとの比較が出来ません。あくまでもざっくりと、「遊んでみて思ったこと感じたこと」というレベルでの感想だということをお含みおきくださいませ。
しかも「萌え」とか、その類いには無縁。BLも、嫌いじゃないし抵抗もないけど、特に追いかけるほど好きでもない、というぐらいの人間の感想です。
(BL小説やBL漫画もほとんど買いませんし。わたしのBL経験はネット上で(無料で)読めるものメインです。だからイロイロとわかってない可能性も大。)


えーっと、まずはゲーム内容から、かなぁ。
**内容(メーカーサイト(18歳未満閲覧禁止)から転載)
新人ディーラー・カイが働くことになったのは、豪華客船で開かれる非合法の裏カジノだった。
憧れの相手、伝説のディーラー・ジョウと同じ場所で働きたい一心で乗船の許可を勝ち取ったカイだったが、彼は知らなかった。
このカジノに「ワンナイト・ジャック」と呼ばれる、ディーラーの体をひと晩自由にする権利を賭ける勝負を客が申し入れることができる、特異なハウスルールが存在していたことを。

航海期間は2週間。
カイは好色な客たちの魔手から自分を守りきり、一人前のディーラーになることができるのか?
 →アマゾンの該当商品(JACKIN ~ジャックイン~ / Windows)

ゲームの中身は、毎日
「昼間の自由時間にどこに行くか選ぶ(誰かがそこにいればイベント)→夜の仕事中にワンナイトジャック2回」
を繰り返していく・・・というのが基本。場合によっては仕事の前後にイベントが入ったりしますし、ワンナイトジャックで負けると、まあ、その手のイベント&派生イベントが入ったりという感じです。
これを13日分やって(初日は昼間は無いけど)、最終日にどういうことになるか・・ ですね。
ワンナイトジャックは一応ブラックジャックのミニゲーム方式。ただしヒント機能で次にめくる札(5枚から選択出来る)の数字が見えるので勝負というより「勝ち/負け」を選ぶだけですが。(ヒントを使わないとまず間違いなくバッドエンド直行と思われます・・・)
ハッピーエンドルートの場合、だいたいエンドまで3~4時間ぐらい、かな。エンド数は(たぶん)全部で15。(わたしは11個見てます。最後で分岐して2つとか3つとかになるのもあるので、周回は7回。)


予想よりは、ずっとずっと面白かったです。
と言っても予想値が非常に低かったので(ごめんなさい)、一般的にゲームとしてどうか、となるとちょっと違うかもしれませんが。(まして「一般的にBLゲームとしてどうか」は見当もつきません)

(以下とりあえず分割しておきます。あんまりネタバレしていないつもりですが長いです・・・)


よかったなと思う点の一つは、これがあんまりノベルゲームじゃなかったこと。・・・って、システムは(基本的には)テキスト選択式ゲームなんですけれどね、あんまり「読ませる」こと主体じゃなかったのが、かえってよかったな、と。
そりゃあまあ、読むところがメインでも、話に大きな矛盾や問題なく、なおかつ面白ければいいんですけれど、それだったら小説やマンガと変わらないですしねえ。
「テキスト選択式だけどゲームらしいゲームだった」という気がしてます。

ワンナイトジャックが毎日あるのも、ま、面倒っちゃ面倒なんですけれど、漠然と「読んでるだけ」というよりもうちょっと積極的な取り組みを促されるので、良かったところですね。ゲームらしい感じがするんです。まあ、勝敗そのものは、カードの数字を見て(ヒントを使って)こっちの都合で決めているわけなんですけれど、いちおう単純な足し算をしなきゃなりませんから、寝ながらじゃ出来ませんし。(笑/ディーラー側はカード数値の合計が17になるまでは強制的にカードをめくらなきゃならないし、17を越えたらそれ以上めくれないので、めくるカードを選ぶ順番にも要注意だったりしますw 10+2+7で19は作れるけど10+7とやっちゃったら、そこでストップです。)

あと、ゲームとして楽しかったのは、ルートによって分岐ポイント、というか必要な目のつけ所が違うところ。場所が限定されてて、期間も同じなのに、攻略に必要な手順が違うんですよね。最初の一人と同じ手順で大丈夫かと思ったら、他の人はそれじゃ先に進まなかったりして、ちょっと焦りました。(^^;; 「昼の行動→夜の行動」を繰り返すという枠組みがしっかりしているのに、エピソードの発生タイミングが色々なんで、ノベル系ゲームにありがちな「同じ流れで要所要所のキャラとセリフを入れ替えただけ」になってないんですよね。
ヒント機能を使えば、カードの中身だけじゃなく、受け答えや選択肢の「正解」もわかるんですけれど、それだけじゃハッピーエンドにたどりつけないってところが、「ゲームらしい」と思っちゃうんですよ。単純な「正解はどれ?」クイズじゃなくて、ちゃんとプランをたてて攻略する、ってイメージで。(メモ取りながらやりましたー まあ、そんなに難しいわけじゃないんだけれど/でも、あと4つのエンドはわかんないし、シーンリストは87%ぐらいしか埋まっていませんが)


あんな設定なんで、エロシーンは次々出てくるんですけれど(負けると否応無しに・・ですからねえ)、うーん、意外にけっこう平気でした。(男性(の声優さん)に、こんな演技させてるのかと思うと、ちょっと申し訳なくなっちゃうのは、まあそれはそれで別問題として)
「よくこんなにいろいろとバリエーション付けるなぁ」と、変なところで感心してみたりして。(笑)いやだって二十数回(だと思う)全部違うんですもん。「ははぁ、こういうところに気を使って作るものなんだ」と、メーカーさんの工夫に感心してしたりとかねw
ああ、あと「オシゴトのはずなのに、やたらと気持ち良さそうだなぁ」とか(爆) 「顔は紅潮するのに身体は白いまんまなんだなぁ」とか(大爆) 「それは位置的に無理なんじゃないか」とか(大爆x2)
なんつーか、「興味本位にしげしげと眺めてしまった」という感じ。(^^;; たぶん、楽しみ方としちゃ間違ってるんでしょうけど。でもまあ、18禁モノは初めてなんで、面白がっちゃいましたわ。


えー 気を取り直して。
ストーリーは・・ うーん、と。
良い意味で「こじんまりと」してました。「ストーリー」というより「エピソードの積み重ね」って感じかな。ルート毎のエピソード数はだいたい10個ぐらい。(けっこう数ありますね。まあ攻略対象キャラは少ない(たぶん4人)ですから)

一般にとかく(あくまで一般論ですよ)、話が大きくなると妙に矛盾というか無理が目立っちゃうことが多いように思うんですよね。やたらとドラマチックな展開も、ゲームならではの制約(顔付きで登場出来る人数が限られるとか、基本的に会話で進むとか)のせいで、かえって冷めちゃったりすることもありますし。(もちろん上手なシナリオとストーリー展開なら、どんな華やかな話だって大歓迎ですけれど。)
それが、期間は特定の2週間に限定。範囲は船の中に限定。短期間で起こる日常生活的なエピソード(&数回の濡れ場w)だけが全て。このぐらいの「話の規模」だと、そんなにツッコミいれずに、気楽に楽しめますね。(ああでも航海10日目ぐらいに「新鮮な牛乳」ってどうやって手に入れたんだろうとか、あれこれ思わなかったわけじゃありませんが。(笑))

それぞれのエピソードも、どれも王道(だと思う)ながらも良くまとまっていたんじゃないかと。
そうそう、ここでも「バリエーションの多さ」には感心させられました。上手にパーツを積み上げてくるなぁと。(システマチックな作り方をしてるんでしょうねぇ。)
変に「感動」とか狙ってない(でしょう)おかげで、「ふわふわした世界」をシンプルに楽しませてもらいました。文章にも過剰なところがなくて、スッキリ読めましたし。(エロシーンだけは「なんかやたらよくしゃべるなぁ」と思いましたけど(笑)、一枚絵だけで状況説明をしなきゃならないとなれば、仕方ないんだろうなともw)

ただ、おそらくメインであろう、先輩ディーラー ジョウさんとのエピソードはちょっと苦しかったかな。ディーラー同士ということでワンナイトジャックがないもので、「オシゴトとしてのベッドのお相手」という目玉シーン(笑)が作れない。それを引っ繰り返す・・・はずのメインイベントは、確かにドラマチック(になるはず)なんだけれども、「伝説の」ディーラーだとか、生い立ちの話とか、エピソードを支えるのに背景がたっぷり必要になる部分が多くて、結局説明不足で「しょぼく」見えちゃって。カードゲームやディーラーの仕事にまつわるあれこれ(ちょっと間違ってるんじゃと思ったところもイロイロあるんだけど、それはともかく)も、ちゃんと書こうとすると説明が沢山必要だし、そんなには書けないしで、結局ありがちなサービスマンシップ(ホテルものとかに出てきそうな)を説いてる程度のことになっちゃいましたし。
エンディング数も多くて一番メインなんだろうと思うのに、こればっかりはちょっと。
・・・それにバッドルートだと、とんでもなく悪人なんですよねえ、この人。(こわかったんで、しみじみとw) それが「どこでどう変わったのか」も、謎でしたわ。(^^;;

それとは別に、もう一つ欲を言えば、もうちょっとルート間のつながりというか関係性みたいなのがあったら面白かったかな、って気はします。
最初、(ワンナイトジャックを)ヒント無しで遊んでいたとき、Rさん用のエピソードとKさん用のエピソードが同時進行しちゃいまして。まあ、あれはバッドになるしかないのかもしれないけど、でも妙に途中、矛盾した状況になってしまったりして。
他の人とのルートの進行状況によってセリフが違っていたら、そういう矛盾もおきないだろうし、目的ルート一直線じゃない余裕のある遊び方が出来るんじゃないかなぁと。(まあ単にコンプリート目指す人の手間が増えちゃうだけかもですが。一言だけの「見てないセリフ」のために何度も最初からやり直すのも鬱陶しいし)


登場キャラは、ハッピーエンドの無いキャラまで含め、よくバリエーションを揃えているなぁという感じ。冷酷ツンデレに直情径行、ナンパ師に爽やか好青年、おじさまに変態・・・ ま、乙女ゲームでもBLゲームでも、この辺は基本なのかもしれませんけれど。
わたしとしては、ナンパなイタリア男のリックさんが一番好きかなぁ・・ このルートが一番(主人公が)幸せになれそうで。あとは女装が趣味の美人(でも中身はあくまで男性)ファニーさんも面白いキャラでしたね。一番裏のあるヒトのようで、もう少し知りたい感じ。(て、要は(アン●ェリークの)炎様と夢様なのか・・ まあ、わたしの趣味だとその辺かな。(^^;;) エンディングだけなら、ジョウさんとのハッピーエンド後日談が好きなんですけどね。

ただねえ、これはある程度はしょうがないのかもだけど、皆さん服装が一通りなのがちょっと。
あ、先輩ディーラー・ジョウさんだけは仕事中とプライベートで服装が違いますが(あと主人公もね) 他の人たちが朝でも昼でもタキシード(ファニーさんはイブニングドレス)なのはどうしたものかと。昼間のイベントもあるんだから、せめて二通りずつはあって欲しかったなぁ。お客さんたちが着たきり雀じゃ、「豪華客船」の「豪華」って文字が泣きますよぉ。
予算とか予算とか予算とか、いろいろあるんだとは思いますけどね。(^^;;(中古を980円で買った身としてはぜいたく言う資格はないと思います。はい。)


あとは・・うーん。

声・・・ については、わたしは何か言うほどの知識もスタンスもないんですけれど。
でも、一度も「声をとばしちゃおう」と思いませんでした。音声オフにもしなかったし。ふだん「声は別にどうでも」な、わたしにしちゃ珍しいことです。
あ、これは文章全体が簡潔なのとも関係ありそうですね。余計なセリフや独白が無い(少ない)ことや、延々と長セリフをしゃべり続けるキャラがいなかったので、どうしてもカットしたいような気分にならないんでしょう。
さすがに繰り返しの多い定型セリフ(ワンナイトジャックでのやり取りとかね)は、何周目かにはとばしましたけど。(既読スキップは気持ち良くどんどん文字が流れてくれるんで)

音楽はとても気に入ってます。買った理由の一つでもありますし。



ゲーム全体としては・・・ うん、だから、買って損ではなかった、ですね。
ま、とにかく安く買ってるので、期待値も要求値も低かったわけですけれど、それでも「時間の損」とも思わなかったし、やってる間は楽しかったですし。(期待値・要求値は余裕でクリアしてました。甘く見ててごめんなさい、って言わなきゃいかんですね)
バッドエンド(&そっち方面ルートのエピソード)以外は、全般に明るいノリなんで、気楽に気分転換に遊ぶのに向いてました。あんまり何か面倒なことは考えたくない状態で遊んでたんですけど、そういう気分に合っていたみたい。

あ、そうそう。これ、デフォルトで後日談のドラマCDも付いてるんですよ・・ 50分弱のミニドラマ。(^^;; BLCDというのを初めて聞きました。はい。(あ、こっちもごく普通に聞けました。サービスシーン付きのラジオドラマみたいなもんですね。まあ、誰ともくっついてないノーマルエンドの後日談らしいですから、恥ずかしくなるようなラブラブセリフも無かったんで(笑))

そういうのを総合して考えれば、お買い得だった、かな?
とりあえずは、残り4つのエンディングを埋めることを考えますか。


スポンサーサイト
ゲームの話:BLゲーム * Com(2) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
   18禁!!
お久しぶりです、reikoです。

いやいや、18禁BLですか。
実は私もやりました・・・って。
あtoんさんは御存知でしたよね、本館のレビューに乗ってますから。

まあ、私は手堅く「ランマール」の2本をプレイしたわけですが。
この2本も、ひとにとっては絵柄がダメだと仰ってましたね。
私は好みなんですが。
音楽と背景は、とても綺麗でお勧めの2本です。
帝国千戦記は、それなりにバトルシステムもありですし。

ただ、こちらのメーカーさんの作品。
エロいので、有名だそうでして。
最初にプレイするには・・・・・・・面白かったです。
いや、本当によくもあれだけバリエーション。
って、思うあtoんさんのお気持ち、よーーーく解ります。
スタッフさんたちの、夢が(爆)溢れてますよねぇ。

PCの前で、照れていたのは最初だけ。
転げまわって爆笑したのは、おばさんの証拠でしょうか。

お邪魔しましたー。
From: reiko * 2007/02/03 12:06 * URL [Edit] * page top↑
   そうそう、つい笑っちゃいますよねw
reikoさん、こんにちわ!コメントありがとうございます。(^^)

はい。reikoさんのお書きになったレビュー見ておりますわ。
あれが、もしかして、「思いきって買ってみようか」と思った遠因の一つかもしれませんよー(と、責任転嫁してみたり(爆))
BL系サイトのオーナーさんがBLゲームをお好きなのは当然なんですが(BLゲームサイトというのもありますし)、ごく普通に「BLも好きかな」というぐらいでも、十分楽しめるものなんだなー と、教えていただいたみたいでして。

でもほんと、だんだんに笑いたくなっちゃいますよね。(^^;; あの手のシーンは。
いや、おかげで楽しかったんですけど。(笑)
・・・て、あー わたしもやっぱり「おばさん」だってことなんでしょうかねえ。(苦笑)


コメントありがとうございました。(^^)
From: あtoん * 2007/02/03 23:52 * URL [Edit] * page top↑
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。