アクセス解析
FC2ブログ
昨夜はサムライ7を 
2006 / 08 / 19 ( Sat )  09:58
見ておりました・・・

って、NHKで第14話(だったかな?)を見た後、妹が借りてきたので5話と6話を。
ふぅ、これで見たのが全部で・・ ええと、8回分、かな。全部で何回なんですかねー

さて細かいところはともかくも。
見終わってから妹と口をそろえて言ってしまったことが一つ・・・

「(黒澤映画の)七人の侍の方が面白いかも」

うーむ。(^^;;

いや、映画は3時間以上ぶっ通しですし、アニメは30分弱で切れますし。
その他いろいろ「形式が違うから」ってことはあると思うんですよー それは、ね。
でもやっぱり、「世界のクロサワ」は特別なのか。
・・・異国の映画人たちに「自分も!」って思わせてしまった『七人の侍』って映画が特別なのか。(まあ調べれば調べるほど、この映画の「すごさ」が出てきちゃうんで、しょうがないのかもですが。(^^;; 比べるほうが間違いなのかも。)


妹曰く。
「(アニメのサムライ7は)なんか普通のアニメって感じ」
・・・いや、「普通のアニメ」に不服があるわけじゃないんですけど。(苦笑)

でもやっぱり「アニメ文法」(とでも言うべきもの)にのっとった描き方には、限界があるってことなんでしょうかねぇ。
美少女が出てきたり、敵が機械化兵(違w)だったり、農民達がなぜか揃って同じ服装(制服?)だったり。(しかもみんなきれいな服を着てる・・)んで、物語が勧善懲悪というか「巨大権力に立ち向かう正義の!」みたいになっちゃったり。(「弱者必ずしも善ならず」ってのが、映画の「味」だったと思うんですが)
サムライたちのキャラクターも、それぞれ素敵なんですが(これで妹がハマって、わたしを引き寄せたんですし(笑))・・・ 「個性的なサムライが7人揃う」のに、その「個性」は「どこかで見たような」個性なんですね。いわば「類型化された個性」という感じかしら。魅力的ではあるけれど、映画の彼らの方が(映画でもまた、人物の性格はそれなりに単純化されてるとは思いますが)「生身」な感じがして惹きつけられます。

そして・・ 「戦い」の描き方。
アニメの農民達は(いわば)「無垢」なんですけれど、映画の百姓たちには、相手が弱ってるとなれば落ち武者を殺して身ぐるみはいじゃうようなたくましさ(あるいは「ずるさ」)がありました。
「だれしも人を殺しうる」という認識の映画と、「人を殺せるかどうか/生死の際に立ったことが有るか」がサムライと一般人の分岐点になるアニメ。
映画の公開年が1954年ですから・・ まだ戦後まもなく、どこにでもいるあたりまえの人間、が、兵卒として戦場に出た記憶の薄れていないころ、ですよね。「飢え」の描写がリアルであるのと同じく、「戦い」への認識も「リアル」なんだろうと思います。「人が目の前で死んでいくこと」の実感もある・・・
まあこれは・・・ 時代が違いますから、なんともならないことなんだけれど、「どっちにより迫力があるか」と言われれば、そりゃあ映画の方になってしまいますって・・・


とか言いつつも、面白くないってことじゃないんですけどねー>アニメ
たぶん来週も見ちゃうでしょうし、妹もビデオの続きを借りてくるんじゃないかしら。

・・・ところでこれ、なんとなく宮崎アニメっぽい、ような気がするんですけれど。
最初の方(1話~2話あたり)とか、「ナウシカ!?」と思いましたし、アクションシーンもねー 昨日の14話で、米俵から飛び出すところとか、「どっかで見たような構図」(カリオストロの城かなぁ)と思ってしまいますわ。
わたしはふだんアニメ番組をほとんど見ないんですが、「アニメにおける描き方」って、こういうものなの? それとも、これが特別??



(・・・映像関係の感想用にカテゴリ作っておいたほうがいいかしら?(^^;;)
スポンサーサイト



見たものの話:映画とテレビ * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス