アクセス解析
FC2ブログ
「遥か3 十六夜記」:地の玄武十六夜エンド 
2006 / 08 / 16 ( Wed )  06:59
ふうぅ・・・ ようやっとたどり着きました。
初の十六夜エンドは地の玄武からです。


と、言いつつ、最初はちょっと十六夜記全般について。細々としたことで気になっちゃったことを。

まず、メッセージを自動送りにしておくと、声がある場合、メッセージ間が詰まりすぎて聞こえるってのは、なんでだか。(コルダも自動送りにしてるんだど、そんなこと無かったのになぁ)
メッセージスピードを速くしてるから・・なのかもしれませんが、ちょっと変。

そして新衣装、デザイン云々はさておき、譲君の手が合ってない(前の絵から手の部分だけ切り抜いて新しい衣装の絵の上に貼り付けてるみたいなんだけど、周囲と馴染んでない)とか、景時さんの顔、新表情の分だけ小さすぎる(これも前の絵に顔だけ上から貼り付けたんだろうと思うけど)とか、ちょっと「あれれ?」と思うところがありますねえ。
色調も前より濃いので、これまた背景と馴染まないところがありますし。
あと、平家側シーンで画面の上下端が切れてワイドスクリーン風になるのは構わないんですが、これのせいでセリフの入ってる吹き出し(と言っちゃっていいのかしら)の上端が切れるのも、すごく気になります。
まあ、オプションディスクみたいなもんだから、とは思うものの、「丁寧に作業すればこんなことにならないはず」とも思うんですけれどねぇ。そんなに締め切りギリギリだったのかしら。

あー セリフの追加分は、説明不足のところを足したりとか、努力してるなーと思うんですけどねー
あと室内! 章によって(ということは場所によって)室内の調度が違っているのは、細かいですねw 

と、ちょっとボヤきを入れたところで、本題へ。
ネタバレ回避用に例によって分割しますね。

さて、リズ先生との十六夜エンド。
うーん。なんというか。

ルートは相変わらずあっちへ行ったりこっちへ来たり。さすがにちょっと面倒でしたか。
迷うようなことは無かったんですけれど、春の京で「九郎と一緒じゃダメ」というのは、今まで選んだことの無い選択肢だったんで、「どこまで行ったら九郎さんが合流するのか」が最初わからなくて、ちょっとドキドキ。
「通常ルートだと選ばない選択肢」に意味を持たせようということであれば、まあ、大成功なんでしょうけれど・・・

ストーリーとしては・・ うーん、ドラマとしては通常の恋愛ルートには及びも付きませんが、これは確かに「語られるべきだった」エピソードではあるかな。無印遥かなんかやってる身としては、やっぱり、かつては神子と敵対した「鬼」が、八葉に選ばれてしまったことのジレンマ・・みたいなのは、あって欲しいと思いますし。
せっかく登場した「星の一族(の子孫)」に、もう一度出番があったのは、ちょっと嬉しかったですし。(清めの造花は最初の一度しか意味がないですからねぇ)

それにしても、あんな京の近く(というか、京の町外れ?)に隠れ里があったんですね。(^^;; それでいいのか・・ ってか、良かったのか・・・
無印の時には、「もう残っている鬼はこれだけ」みたいな感じだったのに、いったい誰の子孫なんですかねー(やっぱりシリンかな? あ、イクティさんとイノリのお姉さん??)

とは言え、これだけでエンドまで繋ぐ物語にするには、ちょっと物足りない気もしますけれど。これは本ルートの一部に組み込まれるべきエピソードではなかったのかしら。
最初に「セリフを追加して説明不足を補っている」と書いたけれど、まあ、その「補足」の一部、って感じなんで。


とか言いながらも、最後はけっこうしんみりとしました。
追っ手も追っても「帰るべきだ」と言い続ける先生は、恋愛ルートでの、「時空跳躍を繰り返して、神子の生き残る道を探し続けていた」先生に通じるものがありますよね。
とにかく自分の幸せは後回しで、ひたすらに神子のことだけを考えているストイックさも。それに「なにが神子の幸せか」を勝手に決めつけてしまうところも。
これはこれでいいのかも。


でもまあ、どれほど世の偏見や差別に つらい思いをして育ったのか知りませんが、あれだけ「好き好き!」と押しまくる神子の気持ちを、それでも受け入れられないっていうのは、なんというか、ちょっと情けない、ような。(臆病なんだろうなぁとは思いますが)
あげく、最後の最後も「おまえの決断に従う」って・・・ 徹頭徹尾、受け身というか、なんというか。
ちょっとね、そういうところは好きじゃありません。どこかに自分に対する言い訳の余地を残してしまっているように見えるんですよねー もちろん、何があっても先生が神子を責めることは決してないでしょうけれど。
(結局のところ地の玄武は・・ 初代と同じく「精神的には幼児」なんですかねえ。うーん。)


まあ、でも、悪くはなかったですよー
蜜月の満たし方も、なんとなくわかったので、次からが楽になるでしょうし。

順番から行くと次は地の白虎なんですが・・・ ちょっとその前に新キャラ行っておこうかな。
とにかく一度は平泉ルートを出しておくほうがいいんでしょうし・・ね。 
スポンサーサイト



* テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス