アクセス解析
FC2ブログ
ときメモGS ファーストプレイ・インプレッション 
2006 / 07 / 22 ( Sat )  08:49
好奇心には勝てず、「ときメモGS」手を出してしまいました。(念のため。GS無印ですからっ! 8月に発売予定の方じゃないですからねっ!)

・・・ま、好奇心は猫をも殺すということで。(ぱたん)
ちょっと目の下に隈なんかできてますけど、気にしない気にしない・・
いちおう、1周終了。ノーマルエンド(というのかな?)でありました。

さて、ファーストインプレッションです。
あー ご参考までに、「瀕死連合」さまの対談「だ・めーづ」さまのレビューにリンク貼っておきます。
どっちも男の人のプレイ感想なんですがね。(^^;; (どっちもそんなにネタバレじゃない(皆無ではないですが)し、ゲーム知らなくても楽しめます。)


え~ まず。
今のところ、一番気に入ってるのは、オープニングムービーです。はい。(苦笑)
音楽もねー B’zだし。いや特にファンというほどじゃないけれど好きは好き。でも、ファンから見たら、この曲はどうなのかな? まあとにかく、音だけで売ってる人らの曲なわけで、その辺がゲーム音楽とはちょっと違うというか。いい感じです。
アニメーションムービーも、なんていうか、ミュージックビデオみたいな感じで、かっこいいのです。ついつい何度もこればっかり見てしまう・・(笑) まあ、細かいところに注文をつけようと思えば、つけられるけど、でも雰囲気あって素敵です。

で・・ 上記の2サイトは揃ってこのオープニングについて言及してるんですが、女性ファンのレビューだと、キャラについてやシステムについての語りはあっても、オープニング・エンディングについては取り上げてないところが多いみたいで・・ 不思議。
まあ、他に語りたいところが沢山出来ちゃっう・・ということかもしれません。


そしてココからは中身について。なので分割しておきます。
大したネタバレは無いですが(クリア出来てないわけだし)、「萌え語り」とかじゃないうえ辛口気味なので、そのおつもりで進んでくださいませ。
ついついシミュレーション同士というので、コルダと比べちゃったりしてるところもあります。ごめんなさい。

とりあえず1周目はまじめな高校生を目指して?勉強と吹奏楽部の活動で日々を送りました。
平日と休日に「やること」を選んで・・・ というので、3年間=365日x3年?と、ちょっとおびえましたが(笑)平日(月~土)に1つ、休日(日・祝)に1つ、という選び方なので安心。ふつうは週に2行動ということですね。つまり。

勉強していたら登場したメガネの守村君と、真面目すぎる(やっぱりメガネの)女友達有沢さんと、仲良くしつつ、ゲームを進行。
でも結局、守村君との間に友情以上のものは芽生えなかったようで・・(^^;; けっこう頑張ってデートとかしたつもりだったんだけどなぁ。どうやったら好感度が上がるのかわからないまま終わってしまいました。
服装とかデート中の選択肢とか、間違えてないはずなんだけど・・あと何が足りないんだかわかりません・・ うーん。
まあ、一周目なんてこんなもん、かなぁ。
でも「バッチリ」というデートを重ねても、ちっとも好感度が上がっていかないので、かなりイライラしましたね。しかも最終的にはどうやら有沢さんに奪われたような・・ 告白日が卒業式の3月1日なのに、2月10日ぐらいに、この2人がラブラブになったっぽい?イベントが出てしまい、挽回できませんでした。11月のセーブデータからやりなおしても、ココでこのイベントが出ちゃうので・・ なんか間違ったのかな。(あるいはその前に守村くんとラブラブ状態にならなきゃいかんのかもしれませんねえ)
でも3年間の苦労が、あと3週間というところでダメになっちゃう(守村君の好感度が一気に最低に)ので、非常にガッカリです。

好感度については、コルダとかアンジェのように細かい数字が出るほうがいいですね。
最高の選択肢を選んでもランク(アイコン表示)が上がらないことが続くと、けっこうストレス。数字で出てれば、ランクは上がらなくても(次のイベントに必要な数字にならなくても)、「あ、1しか上がらなかった~」とか、見て分かるのでそれなりに納得できるんですが。
ま、これが「ときメモ」というゲームなんでしょうけれど・・・
(なんせ初ときメモなので、右も左もわからないというのもあります)



と、ブチブチ言ったところで、その他の点について。

絵は全体にとってもきれい。
ネオロマのアレコレより好みかもしれません。コマンド実行時にチョロチョロするチビキャラの絵は、あんまり好きな傾向じゃないけれど、イヤだというほどでもなく。(もうちょっとクセが無い方が好みですが)
とにかくきれいで安心して見ていられましたし。

男の子のファッション(守村君と葉月君、あと日比谷君という子とデートしました)も、まあ批判もあるようだけど、コルダの私服よりは遥かにマシ!(褒め言葉になってないかも(笑))
ちゃんとシーズンによって服装が違うのもイイ感じです。ま、こっちもデートの時の服装には季節感が求められるので(冬に寒そうな格好をしたり、夏場に厚着は不可)、当然といえば当然なのかも?
・・・そのわりに、先生は年中背広でしたけど。(ネクタイの色だけ違ってるようですが)

でもね。守村君は・・ 顔もなんだけど(両サイドの髪が妙に長いのもあって)服装も含めて「女の子」でしたねえ。(ため息)
BLモノの受けキャラ(女の子役)なら、ああいう絵でもいいんだろうけど、ちょっと女の子(プレイヤー)の恋愛の相手としてはイマイチな気が。
セリフも・・ デートのあと(少し仲良くなると)「もう少し一緒にいたい」みたいなことを言ってくれるんですが、この言い方も女の子。
・・・ま、家まで送ってくれたりするところは、男の子なんですけどね。
声はそんなことなかったのになぁ・・ 声は好きでした。話し方とかも。(あ。この声優さんて・・ うわ、地の玄武かぁ。(^^;; うわー意外! てか、全然違うし!!)


で、自分の服を買いに行くことが出来るんですが・・・ まあ、ファッションセンス云々はおいといて。
この店の名前がね。ほとんど幻水2のキャラ名(追記:「1」もありましたね。バイト先の店の名前も)なんですよねえ。
最初は「へぇ、面白いな~」と思ったんだけど、どれもこれもだったので、ちょっと気になったかも。「ジェスって嫌いだったなぁ」とか「ヴァンサンじゃ、この店って**?」とか、あっちを一々思いだしちゃうのよね。
しかも吹奏楽部の文化祭での演奏曲まで・・・(幻水2のテーマ曲でした)
なんていうか・・ やりすぎという感じが。
他にもコナミさんの他のゲームのネタとか出てくるようですが、ちょっとウルサイ気がします。「この世界」にひたれないのよね。
(コルダの演奏曲にアンジェや遥かの曲が入ってるのはそれほど気にならなかったんだけど。)


「名前を呼んでくれる」というウリのEVSとかいうのは・・・
ええと、しゃべり方が(アクセントがとかじゃなく)基本的に「あ!○○さん!」と見つけて声をかける時の口調だったんで、ふだんの会話に混ざるとすっごく変。
許容範囲の人もありましたが、人によってはそこだけ声が小さくなっちゃうこともあって(あれはプログラムか調整のミスだと思う)あんまり良くなかったです。結局使わない設定にしちゃいました。

あ。セリフ自体は悪くないです。全般に。


そしてエンド後・・・
「おまけ」に声優さんのフリートークとか入ってるのも、個人的には好きじゃなかったり・・・
いや、これは本当に「良い・悪い」じゃなく、好みの問題だと思いますけれど。
オープニングのね、ああいうスタイリッシュな雰囲気と、合わないと思うんですよねえ。ま、逆にオープニングが他と合ってないのかもだけど。(苦笑) わたしは、(オープニングの)ああいう感じの方が好きなんで、ちょっと。
でもさ、ゲーム中に相手にしてるのは「キャラ」であって、声優さんじゃないわけで。声優さんのファンならともかく、そうじゃないプレイヤーにとっては、雰囲気ぶち壊しだと思うんですけど、どんなもんでしょ。
・・・しかも「見なきゃいい」のかと思ったら、フリートークの中に、キャラの(エンド後の)セリフとか入ってるみたいだし!ってことは、「見なきゃならない」わけだしっ!!
いや、わたし「そこ」だけでいいです。はい。前後要らない・・ 声優さんの顔だって別に見たくないですし(イメージ壊すと思いません?)、裏事情とかも興味無し。ファンブックとかでやるのは構わないと思いますけど、ゲームの一部にされちゃうのはイヤですね。
これもコルダのオマケモードの方が好きだなぁ・・ ちゃんとキャラがしゃべってますものね!



あああ。以上「ファーストプレイ・インプレッション」でした。
こんな言いたい放題言っておいて、この先ハマったらどうしましょ。(笑)

でもコーエーさんとコナミさんの、カラーの違い、みたいなものは感じられましたねえ。
コーエーさんは、やっぱり歴史シミュレーションが原点のメーカーなんでしょうね。(PC版の三国志(無印!)から買ってます、わたし。(^^;;) 日本語の落ち着き具合と、キャラクターの扱いが歴史マニア的なのかも。
コナミさんは・・ うーん、キャラクタービジネスに長けた会社のようですし。(苦笑) 聞こえは悪いかもだけどオタク的、とでも言うのかな? アニメとかゲームとか、そういう世界の会社なんだろうなぁと思います。
どっちが良いとか悪いとかじゃなく、「ああ、こういうふうに違うのかぁ・・」という感じ。
面白いですねえ・・・ (←こういう興味の持ち方をしちゃうと、「じゃ、カプコンの乙女ゲーは? あっちの会社は?」となりそうで怖い(笑))

ま、とりあえずちゃんとクリア出来るぐらいにはシステムに慣れてみたいものです。(^^;;
アンジェSP2のセイラン様をほってるのも気になるんだけど、あっちは(手順が自分の中で出来ちゃってるから)「あとはイベントやセリフを見るだけ」ですからねー 「このシステムを攻略するぞ!」って楽しみが少ないのですよー (セイラン様とのエンドには興味津々なんですけれどw)

スポンサーサイト



* テーマ:乙女ゲー - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:乙女ゲーム * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス