アクセス解析
FC2ブログ
「ワイルドアームズ3」ほんのちょっとだけ 
2006 / 10 / 29 ( Sun )  19:51
まだ落ちついちゃいけないんですが、ほんのちょっとだけゲームをしました。
少しは気分転換だってしなくっちゃねーw


途切れる前に手を付けかけていた「アビス」とやらをウロウロして、石のなんちゃらをゲットして。
これでミーディアム(という名前がついてる、特殊技や魔法を使うのに必要な守護獣の化身みたいなもの)が全部揃った・・ と。

んで、先生の先生・・が、永眠なさってるダンジョンを見つけて。
ヒロインのお父上とかイロイロと出てきて、イベントが進行して・・

と、まあ、この辺まで。

イベントで語られるストーリーは・・ ねえ。
うーん、ちゃんと考えると、けっこうドラマチックだと思うんですが、はっきり言って「邪魔」という感じが。(^^;;
いや、演出とかも上手なんですけれど・・ ゲームの「ゲームっぽいところ」が面白いんで、ストーリーとか要らないんですよねえ。ううむ。
ダンジョンの仕掛けを解く方がストーリーよりはるかに面白いんだもの。「こんなトロトロと会話してないで、さっさと先に進ませろー」な気分になっちゃうという。(苦笑/いや、いちおう「次は何をしたらいいのか」をストーリーから読み取らなきゃいかんわけですが)


あー さっさと面倒から解放されたい・・・
って、どうやら年内は毎月、月の後半はこんな状態になりそうです。(はあぁ)
まあ、仕方のないことなんだけれどね・・・
スポンサーサイト



ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
時の過ぎゆくままに? 
2006 / 10 / 27 ( Fri )  23:03
まだしばらく忙しいんですが、とりあえず最大の山は越えた・・ かな。(本を読んだりゲームしたりする時間はまだ取れませんが)


ずいぶん以前から使っていた無料メールアドレスの提供会社から、サービス終了のお知らせメールが来ました。
***@**.freeemail.ne.jpというアドレスで・・ ね、メールアドレスそのものに「フリーメール」と入ってるようなモノなんだけれど。

まあ、会社そのものが無くなっちゃった(いろいろあって運営会社が変わったあげく倒産してしまった)ので、仕方がないことではありますが・・・

このアドレスを作ったころには、まだ無料のメールって少なかったんですよね。自分のホームページには「運営者のメールアドレスを入れるのが常識」とか言われていた時代。
(今そんなことしたら、スパムメールだらけになってえらいことですが。(^^;; )
たった7年だか8年だか昔のことなんですけれど。

今や無料のメールアドレスは簡単に作れるし、無料のホームページスペースだって沢山ありますし。

時代だなぁ・・ というか、時の流れをしみじみと考え込んでしまいますねえ。


フリーメールのサービス提供終了後は、代替サービスの提供は無いようで。
・・・月額210円のサービスを勧められても、それって代わりになりませんものねえ。(^^;;
これで登録してあったメルマガとか、あれこれ、登録変更しなくちゃなぁ・・ って、いったいどれにこのメールアドレスを使ってたか、探すだけでも面倒だわ・・・ ふうぅ。
ネットライフ * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
『ワイルドアームズ3』ぐるぐるぐるぐる 
2006 / 10 / 20 ( Fri )  23:27
さて・・・ まだ「待ち」状態です。(^^;;
おかげさまでゲームが進みま・・・ せんっっ(爆)

いや、実は道に迷っておりまして。(笑)

空を飛ぶ手段を手に入れようと、「ドラゴン」(と言ってもこの世界では伝説の生き物のほとんどは「機械の身体と 生き物の魂」を持っているということになってるので、ふつうのドラゴンとは違うはずですが)のねぐらにやってきました。
ところがこのダンジョン・・ ぐるぐるぐるぐる歩き回ってもちーーっとも終わりになりません。

ゲーム開始直後に「行き詰まったら発破をかけろ」と言われるんですよ。んで、この「発破をかけろ」ってのは比喩表現じゃなく、とにかく手当たり次第に爆弾をしかけてみると、意外に壊れてくれるモノが多い・・ってことなんですが・・・

ドラゴンのねぐらも同様に、あちこちの壁が壊れてくれます・・ が。
それで通じた新しい部屋やら通路やらを行き来しても、まだ終わりが見えない・・ どっちに行けばいいんだーーーっっ
同じような外見の部屋が続くので、完全に道に迷っております。(^^;;

しかもこのダンジョン、魔法でしかダメージを与えられないモンスが多出するのね。(苦笑)
倒せないわけじゃないんですが、4人のうち魔法でダメージを与えられるのは2人ぐらい(あとは魔力が弱くて・・(^^;;)なので、戦力半減。
ものすごーーーく手間取るのですよ。
そーでなくても、道に迷ってイライラしてるのにっ!!(ぶんっ)

ついにネを上げて、本日はおしまいにすることになりました。(ふう)
地図を書きながら進まないとダメかなぁ・・・ 同じ部屋の中でも段差がけっこうあるんで、地図とか作りにくいんですがねー(^^;;

でもココをクリアすると、残り4分の1ぐらいじゃないかな。がんばらにゃっ!
「待ってるもの」が来るまでに、どこまで進めるかなーー
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
『ワイルドアームズ3』ばっかりやってました 
2006 / 10 / 19 ( Thu )  22:28
はあぁ。
予定が狂ってヒマになってしまったので、ぼうっと『ワイルドアームズ3』を進めてました。

第3章に入ったらオープニングムービーが変わっていてビックリ。
このゲーム、オープニングムービーは「ロード」からファイルを選んでスタートすると始まる・・ という、わけわかんない作りなんですが、第3章に入ってるセーブデータを選んだら、オープニングで「敵」が出てくるところの敵の姿が変わり、歌詞(歌がついてますの)も今までと違ってました。
うーん、凝ってるなぁ・・・
でもこれって毎回見るの面倒だからとスキップしてる人多いと思うんですけれどね。(^^;; ここで凝っても気がついてもらえないかもよー(苦笑)


んでまあ、延々と33時間近くなりまして。
ミレニアムパズルは3つクリアしたし、ダンジョンも2つ。「ガーディアンロード」なるものの「元」は4つのうち2つまでゲット済み。
行き先の「縛り」がゆるくなって、けっこうあっちこっち(シナリオに関係なく)うろつきまわれるようになり、ふらふら歩き回るのも楽しいかもーー という感じになってきましたね。
次は空を飛ぶ手段を手に入れないと。


----
と、言ってたんですが、「すっぽかされた」はずの件がどうやら復活してしまったので、明日か明後日当たりから月内いっぱい忙しくなりそうです。
でもこのゲーム、ちょっとずつでも触ってないと、何が何だか忘れてしまいそうだなぁ。(^^;; モンスのデータとかはメモってあるんですがねー
一番忘れるのは、ミレニアムパズルの「何番をクリア済みか」だな。きっと・・・
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
『ワイルドアームズ3』まだまだ途中 
2006 / 10 / 18 ( Wed )  23:19
忙しくなる予定だったんですが、どうやらすっぽかされた模様。(ちょっと怒)
ま、いいか。忙しくないのはそれはそれで良しと。

おかげで手が空いたので、ゲームが進みます。(^^;;

『ワイルドアームズ3』・・・ようやく「2章終了」というところまで来ました。
ええっとプレイ時間は・・ 28時間ぐらいかな。
たぶんこれで全体の6割ぐらいではないかと。
最近乙女ゲームとか、わりにプレイ時間の短いもの(もちろんコンプには時間はかかるけど)ばかりやっていたので、なんだかすごーーーく長いゲームをやってるような気がしますね。(^^;;

相変わらずパズルパズルパズル・・・
ま、これがこのゲームの特色でしょうから。
通常ダンジョンのトラップ解除パズルの他に、なんと「ミレニアムパズル」という、パズルを解くだけのミニダンジョン(というかなんというか)まで出てきました。パズルが解けるとご褒美にアイテムがもらえるの。どうやら20番まであるようですが、今のところ4ヶ所見つけて3ヶ所解けただけ。1ヶ所は場所はわかったんだけど、そこへ行く方法がわからないんです。(^^;;
難易度表示があるんだけど、むしろ「易しい」という方が解くのに時間がかかったりして。(苦笑) 考えすぎちゃうんですかねー

ダンジョン内トラップ解除の方は、うーむ。
やっぱり単に解法を見つけるだけじゃなく、一定時間内に行動しなきゃならないとか、角度をしっかり定めないとダメとか、けっこうイライラさせられるところもありますねー
でも、ま、なんとか。


「最後のガーディアン神殿」を無事に片づけて。
物語の冒頭から「敵役」だった男にそそのかされるまま、2つの入り口があるダンジョン(通路)を通過して。(2つの入り口両方から入ってきて、それぞれトラップを解除しないと、最後の入り口に入れないという作りでした)
ヒロインの(行方不明だったはずの)父親の助けを得て、「世界樹」の塔へ。ここは長かった・・ パズルも多かったですね。割にシンプルな、あちこちで見かけるようなパズルを大量に解かされました。

そして2章がおしまい。
冒頭からの「敵役」たちが新たな敵を呼び込んでくれて自らは自滅(たぶん)
・・・そそそ、ワイルドアームズってこういう展開なのよね。(^^;;
ヒロインの父親は、重大な秘密を告げて、そのまま再びどこかへ・・・
このあたり、画面の演出はとっても凝ってます。ドラマの盛り上がりはそんなでもないんだけど。

というところで一段落。
ドラマで引っ張ってくれないんで、「あー もう止められない!」って問題はないんですが・・
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
読了:『灰髪姫と七人の醜男』 
2006 / 10 / 17 ( Tue )  19:12
なんとはなしに不調です。朝晩が寒くなってきたせいかなぁ・・ 毛布出さないとだめかしら。
とか言いながら、ひょいと読み始めたら一気に最後まで行きました。

『灰髪姫と七人の醜男』ゆうき りん 集英社コバルト文庫
**内容(「BOOK」データベースより)fromアマゾン
グラス伯爵の娘・シンディアは、緑の黒髪を持つ美しい姫だった。だが隣領を支配するルイス一族の侵略によって、グラス家は滅びた。一人生き延びたシンディアは庭働きに身を変え、復讐の機を待った。ある日、巡察士がやって来ると知ったシンディアは、グラス家の復興を願い出ることを計画する。巡察士はラド国の王子であり、その美しさにルイス家の母娘、そしてシンディアは惹かれるが…。

灰髪姫と七人の醜男 灰髪姫と七人の醜男
ゆうき りん (2000/03)
集英社
この商品の詳細を見る

えー っと、なんというかな。
いろいろと予想外でした。タイトルや内容説明(間違ってはいないんだけど)や表紙で想像するような話・・ じゃ、無かった! うーむ。

と言っても、面白かったです。
この作者さん(初めて読むんですが)ベテランでおいでのようだし、話の作りは上手だし、文章も安定してますし。
しかしなぁ・・ これ・・・
コバルト文庫なんですが(んでコバルトにもイロイロあるのは知ってますが)、これは「少女向き」じゃないだろう・・・ いや、ある意味「女の子に読んでもらいたい話」ではあるけれどね。「少女小説」じゃないですよ。
そうね・・ 大人のための残酷童話(倉橋 由美子/新潮社)ですかね。
甘さの欠片もありません。

ああ、余談ながら、このタイトル「~七人のしこお」と読むようです。「七人のぶおとこ」じゃなくて。(^^;;
なんでそんな読み方を指定したのか、作者さんのお気持ちはわからないじゃない(「しこめ」に対するものとしての「しこお」なんでしょう)けれど、そこまでして指定するほどのことでもないような。


(とりあえずネタバレ回避に分割します。)

* テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌 *
読んだ本の話 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
読了感想リスト 
2006 / 10 / 16 ( Mon )  23:32
うわっ もうこんな時間・・・ 日付変わっちゃいますねえ。

今まで「読了」の感想を直接見ることが出来るよう、左側メニュー「過去ログピックアップ」に一覧を付けていたんですが、さすがに冊数が増えてきたので、これからどうしようかと考え中。

いちおう、別ページとして「読了感想本リスト」というのを作ってはみたんだけど・・
これを過去ログピックアップの中にいれて、今みたいな一覧方式は止めにするかなぁ・・・ うううむ。
「こんな本を読んでますよー」という自己紹介的な意味もあって並べていたので、こうやって別ページにしちゃうのには迷いがあるんだけれども。
さて、どうしようかな。
ブログと日常 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
『ワイルドアームズ3』進行中 
2006 / 10 / 15 ( Sun )  23:48
あー そろそろ日付が変わりますね・・・

あんまり書いてませんが、「ワイルドアームズ3」は毎日少しずつ進行しています。
現在プレイ時間23時間ほど。
ようやくヒロインが故郷の村に戻り(って一時的に情報を尋ねに行っただけだけど)、最後のガーディアン神殿へ出発することになったあたり。
だいたい全体の半分強、というところでしょうか。

それにしてもやっぱり、これ、説明書が不足というか、「やってみないとなんのことやらわからないこと」が多すぎますよぉ。
砂上艇という、海が無くって砂ばっかりのこの世界で「砂の海」を航海するための船を手に入れたんですが、移動方法はとりあえず最初に乗り込んだときにヘルプが出るものの、戦闘方法が・・ いやヘルプはちょっと出るんですが、結局のところ試行錯誤で覚えるしかないという・・・ 右下のアイコン群がなんなのか、砂上艇での戦闘15回目ぐらいまでわかりませんでした。
しかも「着陸」するのには、「砂浜だけ」というんだけど、なかなかうまくいかなくて。結局わかったのは「砂浜に垂直に接岸しないと降りられない」ということでした・・・ そのぐらい説明書に載せておこうよぉ・・・(ちなみに説明書には砂上艇についてはなーんも書いてありません)

いまだに「イナーキャンセル」ってのがわかりませんし。(なので「イナーキャンセルの消費コストをゼロにする」というスキルの意味がちんぷんかんぷん・・・)

「説明書に書かなくても攻略本を見ればわかる」ってことなのかもしれないけれど、「攻略本を買わなきゃわからない」ってのは、商品として欠陥だと思うんですけど!!


ま。それはともかく。

今日通過したダンジョンでは、ほんとに四苦八苦しました。
というか、キレました。(^^;;
ま、例によって仕掛けで閉ざされた扉や道を、パズルを解くことで通り抜けていくんですが・・・ 単に「パズルを解く」だけじゃなく、「素早く」「通路から落ちないように(落ちると入り口からやりなおし)」行動しなきゃならないというのは、反射神経の無いわたしにはつらすぎます・・・ 「やり方」はわかっても、「出来ない」んですもの。(/_;) もうこれ以上進めないかと思った・・・
(しかもその場面、NPCと協力して進むということになってるんですが、失敗するたびにNPCがガンガン文句を言うんですよ・・ それだけじゃなく「素早く行動中」にも会話が入るので、これでタイミングを外してしまったりも・・ 勘弁してください・・・(大泣))

ま、結局は数十回のトライの揚げ句、なんのはずみか「出来ちゃった」ので通れたんですが・・・
ほんと、キレました。何度も。(^^;; 思わず妹に八つ当たりしてしまった・・(ごめんよー>妹 でも紅茶をいれるときのお湯は、長くわかしちゃダメなんだってば! 紅茶いれるから、ってやかんを火にかけたんだから、「わいてるけど、そのうち来ると思った」とか言ってほっとかないでください・・・ ガスコンロの目の前に人が座ってても、やかんは自分で見張ってなきゃダメなのね・・・(ため息))


週半ばから、ちょっと忙しくなる予感。
あんまり忙しくならないこと希望ーーー
ゲームの話:その他 * Com(2) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
小銭を集める 
2006 / 10 / 15 ( Sun )  20:00
突然ですがそこのあなた。
ポイントは溜めるタイプですか?

・・・・って、なーんの話をしているのやら。(^^;;
いや、単に、話題の導入に困っただけなんですけれどね。

ネットショッピングをすると、いろいろとポイントを付けてくれるところがあります。
わたしが使ってるのでは、楽天市場のスーパーポイントとか。eBOOK-OFFのポイントも。
たいていは購入額の1%ぐらいなんで、よほど大物を買わないかぎり、それほど大した金額にはなりませんけれど、それでも「どうせ買うなら」と選んじゃうんですよね・・(^^;; (まあ、あっちにしてみりゃそのためのポイント制度でしょうけれど)


ネットライフ * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
読了:『霧の日にはラノンが視える (2)』 
2006 / 10 / 14 ( Sat )  18:16
さて、1巻読了後すぐに2巻以降を買い込んでしまった「ラノン」シリーズの2冊目です。
シリーズ化されると話がスケールダウンしたり安易に流れたりすることがあるので心配しつつ注文したんですが・・ そんなのはまったく無用の心配でありました!
昨夜、届いていた本を一気に読み、今日になってまたしても読み返したりしています。

いつもの「内容」(=あらすじ)は、ビミョウに1巻のネタバレしてるような気もするので、分割した先です。(^^;; いちおう、ね。

『霧の日にはラノンが視える (2)』縞田 理理 新書館ウィングス文庫
霧の日にはラノンが視える (2) 霧の日にはラノンが視える (2)
縞田 理理 (2004/05/10)
新書館
この商品の詳細を見る

1巻と違ってこっちは画像アリですね。
でも正直なところ、この話にはあんまり「イラスト」は要らないんじゃないかと思ったりもするんですが。
挿し絵が無くても各キャラクターのイメージははっきりしているし、イラストに支えられなきゃならない部分が見当たりませんので。(これは1巻も同じ)

んで・・ ウィングス文庫なんですよねえ。
いや、「小説ウィングス」という雑誌自体は、そう悪くもないと思ってます。思ってはいます・・けど。でもどうしても「女の子向け」(もしくは「女性向け」)で「ちょっとマニアック」というイメージがあるんですよねえ。言っちゃ悪いけれど。(以前、知り合いが書いたものが何度か載ったことがあるんですが、仲間内の男性は「○○さんの書いたのなら読みたいけれど、この雑誌はちょっと買いにくい」と言っておりました・・ 結局わたしが2冊買って1冊あげたんですけども)
確かに、このストーリーを載せるなら、他に適切な場所を思いつきにくいけれど、でも「もったいない」ような気がします。読者層がどうしても限定されがちになりそうで。(まあ、どこから出版されても結局は読者層に偏りは出るわけですが)
新書館さん、大人向きの(というかライトノベルブランドじゃない/イラストの表紙じゃない)文庫ラインナップをお持ちじゃないですから・・ 十二国記やデルフィニアが一般向け文庫で出されることで得たような「読者層の拡大」が望みにくいんじゃないかなぁと。
これ、ファンタジーの好きな大人の男性でも、きっと楽しめると思うので、間口ゆえに手に取ってもらえないことがあるとしたら、本当にもったいないと思うのです・・・

と、まあ、そんなゴタクはともかく、1巻以上に良い出来でした!
1巻では「物語の雰囲気」に酔いましたが、今度は各キャラクターの描き方も冴えて、登場人物の誰もに(主人公だけとかじゃなくて)思い入れが出来てきます。とにかく読んでいて楽しいし、幸せ!!
3巻と4巻も手元にあるんですが(ちなみに全4巻とのこと)、もったいなくて手を付けるのをためらっていたりします。(笑)

(さて、ネタバレ回避に分割します。今回は「内容」も以下に)

* テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌 *
読んだ本の話 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
あれこれ一気読み 
2006 / 10 / 13 ( Fri )  22:59
ううう・・ 夕食と一緒にワインを飲んだせいで眠いです・・・

アマゾンが「24時間以内発送」どころか「24時間以内到着」を実現してくれちゃったので(^^;; 昨日夢中になってた「ラノン」の2~4巻が手元にあります。(やっぱりペリカンさん、えらい!w)
朝から1巻を(何度目だかw)読み返していたので、箱を見ながら変に感動してしまいました。(^^;;
そしてそのまま雪崩れ込み、2巻を読み終わってしまいました・・・ すごい・・・
正当派なファンタジーとして結実しつつありますね。すごい・・・
そして犬(と、犬系の生き物)の描写がひたすら可愛いのです。
詳しい読了感想は酔いが覚めてから(=明日)にでも。


んで、それとは別にブックオフでマンガを10冊ばかり(105円で)拾ってきたんですが・・・

たまにはいいかなと買ってみた「Jazz Tango」(秋 里和 国)と、読んでないのに気づいて慌てて買ってみた(笑)「Yasya」(吉田秋 生)が・・・
前者はBL風味、後者はハードボイルド風味とは言え・・・ 根本的なところは一緒!?だったことに愕然としていたりします。(^^;;
(ちなみにJazz~は1巻のみ(しか無かったw)、Yasyaは3巻までだけ(こっちもそれしか(爆))ですが)

うーー
ボジョレヌーボーを解禁日に届くように予約したのをネタに、安ワインを飲み過ぎました・・
(ホントは肝臓の検査値が悪かったんで「酔うほど呑んじゃいけない」んですが(自爆))

もう寝ます・・・ ぱたん
ブログと日常 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
読了:『霧の日にはラノンが視える』 
2006 / 10 / 13 ( Fri )  00:23
引き続き「フィクション読書モード」ということで、次に取りかかりました。
・・・んで、あっという間に読んでしまった! うわぁ、これはこれは!!

『霧の日にはラノンが視える』縞田 理理 新書館ウィングス文庫
**内容(「BOOK」データベースより)fromアマゾン
クリップフォード村で七番目に生まれた子供には、妖精の呪いがかかっているという―。呪いを解く鍵を探すためロンドンへやってきたラムジーは、不良達に襲われていたところをジャックという青年に助けられる。仲間らしき刺青の男・レノックスに「王子」と呼ばれ、どこか不思議な雰囲気を纏うジャックは、心を閉ざしたままのカディルという美しい人をつれていた…。霧の都を舞台に、大胆な構想で描くネオ・フェアリーテール。期待のストーリーテラー、縞田理理のデビュー文庫。

霧の日にはラノンが視える 霧の日にはラノンが視える
縞田 理理 (2003/07)
新書館
この商品の詳細を見る

めっちゃくちゃ面白いっ!
大声をあげてしまいました。(^^;;

これには中編2編が入ってるんですが、最初の方の話の中盤を過ぎたあたりから、「えー もおっ どうしようっ どうしようっっっ!」と心の中で叫び通し。
ワクワクする気持ちがノンストップで押し寄せてきてしまいまして。

読み終わって勢いのまま、アマゾンで続きの3冊、一気に注文してしまいました。もちろん新刊で。
古本でも手に入るかもしれませんが、「良かった!」という気持ちは新刊で買わないと作者さんにも出版社にも伝わらないですからねー 1冊目を古本で買って申し訳なかった!とさえ思うほど。

いやぁ、こんなふうに心から夢中になれたこと、面白いと思えたこと、とっても幸せですわ。あー嬉しいっ!

(さて、ネタバレ含めてもう少し詳しく)


* テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌 *
読んだ本の話 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
「遥かなる家族計画」に手を出してしまい・・ 
2006 / 10 / 12 ( Thu )  13:32
流行モノには出来れば手を出したくないあまのじゃくのワタクシですが・・・
誘惑には勝てず、やってしまいました。(^^;;
 インスタント占いツクレールで作られた「遥かなる家族計画」というヤツです。

結果・・・

あtoんさんは梶原景時家 の嫁です☆

●梶原景時家の嫁の貴女。家族構成は、夫→梶原景時。長男→九郎。次男→知盛。末っ子→白龍。 貴女を取り巻く環境は、愛人→敦盛。ストーカー→弁慶。近所の電気屋さん→リズヴァーン。

旦那様から一言→
「トイレットペーパーが、二つね。御意~」

●あtoんさんの開運ダンスは、阿波踊りです!


うーむ。景時さんかぁ・・・
このセリフからすると買い物してきてくれるのね~(笑) いや、助かりますw
子供たちもこの3人じゃ苦労が多そうですなぁ。きっと3人とも(タイプは違うけど)甘ったれだ~(笑)

ところで、弁慶さんにストーカーされるって・・・ 非常に身の危険を感じるんですが。(^^;; 

(と、キーボードの「A」のキーが不調(反応したりしなかったり)のようなのでココまでで。
一度分解掃除でもする・・か・・・(マック用の古いタイプの接続(ADB)なので代わりを手に入れるの大変なんですよー これ))
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(2) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
読了:『闇の呪縛を打ち砕け―少年陰陽師』 
2006 / 10 / 11 ( Wed )  18:38
はあぁ。少しは「フィクションを読める精神状態」に戻ってきたのか、先月買ったライトノベルにようやく手が出ました。
少年陰陽師シリーズの2冊目です。

『闇の呪縛を打ち砕け―少年陰陽師』結城 光流 角川ビーンズ文庫
**内容(「BOOK」データベースより)fromアマゾン
時は平安。異邦の大妖怪・窮奇を退治するため、毎夜都を見まわる昌浩(あの安倍晴明の孫!)と物の怪(愛称もっくん)は貴船神社で鬼女が丑の刻参りをしているという噂を耳にする。一方、道長の娘・彰子の身にも、妖に取りつかれた遠縁の姫君の魔の手がのびる。それらは全て、窮奇への贄として彰子を手に入れんとする妖異たちの企みだったのだ。昌浩は彰子を救うため、都の闇を叩き斬る!新米陰陽師奮闘記、第二弾参上。

闇の呪縛を打ち砕け―少年陰陽師 闇の呪縛を打ち砕け―少年陰陽師
結城 光流 (2002/04)
角川書店
この商品の詳細を見る

ををっ!
1冊目より面白いぞっ

と思わずつぶやいてしまった、華やかな話でありました。

とは言え、『読み終わったあと「書くことあったかなぁ?」と思ってしまう』あたりは前巻と変わらず。(むしろそこは長所なのかもしれない・・んですけれど)

(さてネタバレ回避用に分割します。あんまり褒めませんので、先を読む方はそのおつもりで。ついでに「萌え」とは無縁です。)


* テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌 *
読んだ本の話 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
『ワイルドアームズ3』ばかりやってます・・・ 
2006 / 10 / 10 ( Tue )  23:08
はぁぁ。
他にやることないのか! って感じもしますが、ワイルドアームズ3ばかりやってます。(^^;;

ただいま・・ ええと、プレイ時間は14時間ぐらい、かな。
昨日のフワフワしたブロックのダンジョンを抜け(あと少しでしたw)、鏡の魔法?っぽい仕掛けの神殿で光の魔法を手に入れて、研究所もクリア。ここでのイベントのノリからすると・・ ああ、そうなるのねー って感じですが。(初代を知ってると「おんなじプロットだよなぁ」と思っちゃう)
んで、ただいま妻子持ちと判明した仲間の実家に来ているところです。(^^;; 故郷に家を構えて妻と可愛い娘のいる渡り鳥(このシリーズ中での「冒険者」の呼ばれ方)って、どんなもんなんでしょうねえ。(それにしても娘さん可愛い!!)
ちなみにこの方を、わたしはこっそり「先生」と呼んでおりますw 一目見て呼び始めたんですが、どうやら本当に「先生」だったようで。
あとのメンバーは「少年」「お兄ちゃん」「ヒロイン」です。わたしの中では。(名前覚えてやれよー>自分)

このゲーム、1つのダンジョンがだいたい2時間弱ぐらいでクリアできるので、ちょうどいいんですよねえ。
ストーリーは・・ ええとプロローグあたりに比べればだいぶ良くなってきたなぁ(特にヒロインの言動が)とは思うけれど、ぐんぐん次に引っ張るという感じじゃないので、ダンジョンが終わるたびに「ふう」と一段落。時計を見て中断するも良し、次に手を付けるのも良し。
基本的にどこででもセーブできるんで、半端な時間でも遊べるし。(もっとも情報をあとから確認するモードはないんで、あんまり半端なところだとわけわかんなくなるんですけれど。(^^;; )


ところで、わたしが参考にしたりもしているサイト「ワイルドアームズWeb本舗」さんのレビューによると、初代のリメイク(というか「フェイク」という位置づけだそうですが)のアルターコードFというのは、
同じなのは登場キャラクターとストーリーの大筋くらい。システムはもちろんのこと、ダンジョン内の構造や仕掛け・モンスターの配置、おまけ要素、キャラクターの台詞などはほとんどリファインされて(レビューの引用)
ということなんですが・・・
この「3」だって、まあ「そんなようなもんじゃん」と思う私は間違ってるでしょーか。(^^;; そりゃキャラクター名や設定は違いますけれどね。(今回のヒロイン・・名前からすると初代の「お嬢様賞金稼ぎ」の彼女の親戚なのかなw)
同じような世界、同じような世界の危機に、違うメンバーが立ち向かう、って感じなんですよねえ。パラレルワールドなのかもしれません。

あー だからと言って不満だ、ってことじゃないですけどねー
ストーリーやキャラがどうこうよりも、このゲーム、とにかく「遊び心地」が楽しいので、それで十分なのです。
* テーマ:WILD ARMSシリーズ - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
のんべんだらりと 
2006 / 10 / 09 ( Mon )  23:02
連休最終日ですが。

今日やったこと。

1.セーターは編み終わりました。あとは繋ぐだけ~ でもココからが面倒なのよね。実は。(^^;; (「しあげ」ですからねー)

2.パ・リーグのプレーオフ見てました。見始めたら止められなくって。

3.その合間にワイルドアームズ3も進めてます。ただいまトータルプレイ時間11時間ほど。変なブロックが飛び回ってるところまで来ました。これはちょっとした迷路かな。


以上、連休最終日ののんべんだらりとした一日でした。m(__)m
ブログと日常 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
『ワイルドアームズ3』三昧 
2006 / 10 / 09 ( Mon )  02:59
うわっ。日付変わってる・・・ !!

と、まあ連休真ん中の一日は、ほとんどゲームばっかりしていたような気がします。(^^;;
モノはそう、昨日買い込んでたワイルドアームズの3。ついついだだらに遊び続けてしまうんですよね・・・

話はだいぶ進んだ・・ の、かな。
Chapter1が終わったという表示を見たので、現在Chapter2であるらしく。
初代ワイルドアームズと同じような「いかにも」な連中が よくないことをたくらんでいるらしい・・・ムービーも出たりして。
初代を知っていると「ああ、そうするとこのキャラが***だな」みたいな先の予想も出来ちゃうんですが。ま、それはそれでいいか。

えー ゲームの進行としては、
 新しい町に行く → 近くのダンジョンについて情報を得る
  → ダンジョンを見つける → ダンジョン内の目的物を探す
   → ダンジョンクリア!\(^-^)/ → 次の町へ
という、ごくごくシンプルで基本的なスタイル。
わざわざ「ダンジョンを見つける」って入ってるのは、フィールド画面で「サーチ」をして探さないと、町もダンジョンもデフォルトでは位置がわからないから。「町の北東に」とか言われても、3Dマップなんで、けっこう迷ってしまったりして。(^^;;

相変わらずダンジョン内のトラップ解除が楽しいですわ。ついついムキになっちゃうのよねえ。(これのせいで延々と遊び続けることになったと言ってもいい!かとw)
プレイヤーキャラの4人、それぞれ出来る小技(と言うのかな、火をつけるとか爆弾で破壊するとか)が違って、これを上手に組み合わせないと先に進めないのよね・・ あれこれ工夫するのが楽しくてハマります。

と、楽しいんだけど・・
ちょっとゲームシステムにアレコレ詰め込み過ぎかなぁと思うところもあったりして。
とにかく「用語」が多い!! ストーリー的な用語じゃなくて、ゲームシステム的な用語が。「~ポイント」ってのもいくつあるかわかんないぐらいですしねえ。説明書読んでもわからない&出てこない(!)モノもあって、まあ少しずつ使いこなして慣れてはきてるんだけど、いくらなんでもこんなにイロイロ無くってもいいんじゃないかと思うぐらい。(苦笑)
それだけサービス精神にあふれてるんだとは思うんだけどもさ・・ ちょっと「とっつきにくい」ゲームになっちゃってるのが、なんとももったいない感じ。(ゲーム中のヒントやチュートリアルはけっこうちゃんとしてるのに)

あと戦闘時のアニメーションが切れないみたいなんで、これが鬱陶しいような気も。きれいでかっこいい(馬を手に入れたら、疾走しながら銃を撃ってたりする←ものすごくかっこいいんですよー!)んだけど、時間がかかる・・ テキスト表示のスピードも変更できないし、ちょっとその辺の使い勝手はイマイチかなぁ。
イベントムービーもスキップできないしね。(^^;; (しかもストーリーはなんつーかなんつーか、なシロモノなんで。(^^;;;;;)ああ、ムービー自体はふつうにきれいなんですがねー

と、いくらなんでももう寝ないと。目がしょぼしょぼしてます・・・
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
次のゲームは『ワイルドアームズ』 
2006 / 10 / 07 ( Sat )  23:17
本当は他にもいろいろ「やるべきこと」はあるんですけれど、なんとなく遊びたくなってゲームを買ってしまいました。

モノは『ワイルドアームズ 3』(正式名称は・・ ええと、アドヴァンスト サード、かな)です。
いや、なんせ500円だったもので。(^^;; PS2用です。
ワイルドアームズ  アドヴァンスドサード ワイルドアームズ アドヴァンスドサード
PlayStation2 (2002/03/14)
ソニー・コンピュータエンタテインメント

この商品の詳細を見る


このシリーズ、以前に無印というか1(PS用の)をやったことがありまして、けっこう気に入っていました。
ま、あれもとにかく安かったんで買ったんですけどね。(あははw)
でも、お値段の割には、大いに楽しめましたからねー 今回も「こんなに安いってことは、もしかしてつまらない?」という、ありがちな疑問をあまり抱かずに、「あー 安いっ ラッキー!」ぐらいの気持ちで買いました。はい。

んで、とりあえずメインキャラ(というか最後まで固定メンバー)の4人個別のプロローグを終え、一緒に冒険をスタートした・・ ぐらいのところです。

このシリーズ、無印もそうでしたが、
 ゲームシステムは・・ パズルを解いて進む部分が多いのが、ちょっとドラクエを思い出させ、
 ストーリーは、FFの・・5ぐらいの感じ。
面白いゲームだと思うんですが、あちこちで既視感があるというか、ま、目新しさ・・という点がちょっと弱い、かな。
西部劇風の世界観と雰囲気のある音楽は特徴的なんですけれど。(ちなみに無印の音楽、とっても好きで、生まれて始めてゲームのサントラCDを買いました。ギターがメインのメロディに口笛がかぶさる印象的なテーマソングがお気に入りです)

んで・・ この3ですが。
ゲームシステムやストーリーの雰囲気は、やっぱり変わらず、みたいで。
んでキャラの名前は、ちょっと幻水を思い出すんですが。(^^;; 長い銃かかえたクライヴって名前のキャラとか・・ あはは、幻水2ですかねえw(外見は違うんですけれど) ヒロインの叔父さんがテスラとかw(これも幻水2に出てきた名前だわ・・w)

PS2にプラットフォームが動いた最初のワイルドアームズらしく、キャラは3Dです・・ が、色使いが柔らかい感じ(元イラストの色鉛筆風の塗りを活かしてるみたい)で、縁を少し太めに黒く強調しているので、なんとなく絵本のイラストみたいな感じ。3Dだけど、テクニカルっぽくない、ちょっとレトロっぽい風合いが、なかなか素敵です。
たっぷりあるデータ容量を活かしてあちこちアニメになってますが、これも雰囲気は出てますね。ちょっと日本語がつたない感じもしますけれど(^^;; ま、ゲーム本編に入っちゃえば、それほどは気にならない、かなぁ。
最初はオープニングアニメ等無しでスタートし、一度ゲームを中断して「つづきから」で始めると初めてオープニングムービーが出るという造りも凝ってますね。あ、「中断する」時にキャラステイタスや色鉛筆風のイラストが出るのも、すごく凝ってる・・ 効果的かどうかはともかくも。(^^;;(だって「中断する」時って、そんなのゆっくり見てるより、さっさと電源落としたいですもん)

でも・・・ 自分でも意外だったんですが
アニメに声がついていないのが、なんとなく物足りないのに、ちょっとビックリ。
最近、声のついてるゲームばっかりやってたから・・なのかなぁ。声の部分を飛ばしたりしてるんですけれど、それでもイベントシーンのアニメには「当然声がついてるものだと思って待ちかまえてしまう」んですねー (^^;; 慣れって恐ろしい・・
まあ、キャラの設定的に、どんな声がつきそうか想像できちゃう・・・のも、期待しちゃう原因の一つかもしれませんが。(苦笑)
ま、もう少し続けて遊んでいれば、逆に声無しに慣れるでしょうけれどw


現在、
 「自由と独立と行方不明の父親の行方を求めて町を出てきた少女」
 「思い出なんていらない、と虚無的な瞳をしつつ、金もうけに精を出す少年」
 「神官の家系に生まれたことに反発して村を飛びだした若者(大男)」
 「プロの賞金稼ぎに徹しつつ、自らの探求心とプライドを満足させようとしているらしき眼鏡の男」
の4人が集まって、なにやら世界の趨勢を左右するらしき運命に足を踏み入れたところ・・ です。はい。

ここに至るまでの各キャラごとのプロローグは・・ ゲームとしては面白かった(そこそこパズルを解かせたり特殊技を使わないと倒せない敵が出たりと、いわばチュートリアルでもあるんですが)けれど、日本語がつたないのと、キャラの心情説明・設定説明が不器用なんで、なんとも。
ま、ストーリーとかキャラ萌え(笑)とか求めなければ、ゲームとしては面白いです。工夫しどころが多くってね。
* テーマ:ワイルドアームズシリーズ - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
読了:『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』 
2006 / 10 / 06 ( Fri )  21:40
雨模様・・なんてのを通り越して、むしろ「嵐」とでも呼びたい今日のお天気。ふう。
まあでも、今日はいくらか集中力も取り戻せたようで、昨日読み始めたこの本を一気に読了しました。

『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』金水 敏 岩波書店
**内容(「BOOK」データベースより)fromアマゾン
「そうじゃ、わしが博士じゃ」としゃべる博士や、「ごめん遊ばせ、よろしくってよ」と言うお嬢様に、実際に会ったことがあるだろうか。現実に存在する・しないにかかわらず、いかにもそれらしく感じてしまう言葉づかい、これを役割語と名づけよう。誰がいつ作ったのか、なぜみんなが知っているのか。そもそも一体何のために、こんな日本語があるのだろう。

ヴァーチャル日本語 役割語の謎 ヴァーチャル日本語 役割語の謎
金水 敏 (2003/01)
岩波書店
この商品の詳細を見る

紹介文にとにかく興味をひかれて買った本。だってねえ、気になるじゃないですか。こんな書き方されてしまったら。(岩波の編集さんが優秀だー ってことかもしれませんがw)
最近の日本語ブームに乗っかってる・・のかもしれない「もっと知りたい!日本語」というソフトカバーのシリーズの1冊です。

ええと内容をおおまかにまとめれば、
タイトルにもなっている「ヴァーチャル日本語」というのは、「フィクションの中で使われる言葉」のこと、と言っちゃってもいいかな。現実の世界で使われていなくても、フィクションの中では自然なものとして受け入れられちゃってる日本語のことです。
そして「役割語」というのは、文中の定義を引用しますが
ある特定の言葉づかい(語彙・語法・言い回し・イントネーション等)を聞くと特定の人物像(年齢、性別、職業、階層、時代、容姿・風貌、性格等)を思い浮かべることができるとき、ういはある特定の人物像を提示されると、その人物がいかにも使用しそうな言葉づかいを思い浮かべることができるとき、その言葉づかいを「役割語」と呼ぶ。
とのこと。
こういうふうに言われてみれば、「ああ、そういうのってあるある!」と、思うでしょw

ページをめくれば冒頭から
問題 次のa~hとア~クを結びつけなさい。
 a そうよ、あたしが知ってるわ
 b そうじゃ、わしが知っておる
 c そや、わてが知っとるでえ
 d そうじゃ、拙者が存じておる
 e そうですわよ、わたくしが存じておりますわ
 f そうあるよ、わたしが知ってるあるよ
 g そうだよ、ぼくが知ってるのさ
 h んだ、おら知ってるだ
ア お武家様  イ (ニセ)中国人  ウ 老博士  エ 女の子
オ 田舎者  カ 男の子  キ お嬢様  ク 関西人
と、こんな問題が出ていて、否が応でも「言葉でイメージされる「役割」ってあるもんなんだなぁ」と思わされますし。

そのうえで、「~じゃ」とか「~あるよ」とか「でしてよ」なーんて言葉「そのもの」の語源・発祥を探しつつ、逆にこういう役割語を際立たせるものとしての「標準語=中立な言葉/読者が自分と同一視する役割に与えられる言葉」について考え、役割語のもたらす「ステレオタイプ」のメリットと問題点についても考察する・・ という感じでしょうか。
実例として持ち出される小説の引用や、それ以上に多いマンガの引用(ちゃんと絵がついてるの)が豊富で、読んでいて面白いことは間違いなく。
無意識に受け入れ、利用してしまっている言葉について、意識的に目を向けるきっかけにはなりますね。

ただし、もともと著者の専門外(ご専門はもっと文法的なことらしい)だということや、この分野の先行する研究が少ないことなんかもあってか、全般に「薄め」かもなぁと思ったりも。
概要を展望するという意味じゃ面白いんだけど、もう少し踏み込んで欲しいところもあるし、著者ご自身の視点がまだ定まっていない感じもありますねえ。「ほらほら、こういうのって面白いでしょ」という雑談に、いくらか資料が付いてきている程度、なのかな。
いや、本当に、面白いことはとっても面白いんですけれど。
今ここに引用しちゃった分と、あとは巻末の参考文献一覧だけで、わたしとしては十分かも。
(あー わたしはもともとの専門が社会科学系なので、社会言語学とか社会的役割、ステレオタイプ論なんかの基礎知識があります。そのうえで「これで十分」と思ったんで、一般的にどうかはわかりません・・・ 念のため)


ちなみに、一番「危険だ!」と思ったのは巻末。
この「もっと知りたい!日本語」シリーズの他の本や、その他言語学関連の本の紹介が出てるんですが、これがまたどれも面白そうでして。(^^;;
全部読みたい(買いたい)と思ってしまった・・ 危険危険、とんでもなく危険・・・(^^;;
* テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌 *
読んだ本の話 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
『学園ヘヴン』 ・・・やってしまった。(苦笑) 
2006 / 10 / 05 ( Thu )  20:52
これをカテゴリー「ゲームの話」に入れていいのかどうか迷うところだけれども。(^^;; ま、ゲームの話からの引き続き、ということで。

今日は雨模様のお天気のせいもあってか、どうにも集中力が続かなくて。本を読み始めても10ページかそこらであっちへウロウロこっちへウロウロ・・ (ため息)
もうねえ、どうにもなりませんて。

こんな日にはマンガぐらいにしておくかなぁ・・ と、ふらっと古本で買ってしまいました。
『学園ヘヴン』総合感想で、「気の迷いで買いそうになった」と書いたオフィシャルコミック2冊を・・・ 
モノはコレです。はい。

学園ヘヴン 丹羽編 ビーボーイコミックス 学園ヘヴン 丹羽編
氷栗 優 (2006/07)
リブレ出版

この商品の詳細を見る
学園ヘヴン 中嶋編 学園ヘヴン 中嶋編
氷栗 優 (2006/07)
リブレ出版

この商品の詳細を見る


さすがに今日みたいな集中力極小の日でも軽く読み終わります。
ええっと中身は・・ ええと、丹羽編(丹羽=王様=生徒会長)の方が、ほぼゲーム本編のコミック化。中嶋編(中嶋=副会長)は、どうやらゲーム続編(ファンディスク?)のエピソードをメインにしているようで。
ああ、PS2版には無いようなHシーンもバッチリあります。(^^;; 

まあでも・・ うーん、これは1つの作品、というよりは、いわば「キャラクターグッズ」かなぁ。
ゲームの流れに沿ってるからとかなんとかいうことじゃなく、これだけで独立した「作品」と思うには・・ ちょっと物足りない。かな。
いや、絵はとーーーーっってもきれいなんですが。
それにゲーム中では静止画でしかなかったシーンが、動きをもって見られるので、そういう点もけっこうなんですけれど。
それでもやっぱり、ゲームを知っている人に向けた「キャラグッズ」でしょうねえ、これは・・・ (あるいは「セリフ・コマ割り付きイラスト集」かも。)

定価で買ったら不満いっぱいだったかもしれませんが、とにかく激安だったのでOKOK。(^^;;
このまんま売っちゃったらいかんでしょーかねーw
ゲームの話:BLゲーム * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
はぁどぼいるど 
2006 / 10 / 04 ( Wed )  19:13
巡回先サイトさまで「ハードボイル度診断」というのを見かけたので、わたしもやってみました。
 >ハードボイル度診断

わたしの結果は・・・ うーむ。
何度かやり直してみたものの、どうにもハードボイル度は60~70%。フィリップマーロウかマックスハマーという硬派ぶり。(^^;;
共通点は・・・ そう
「そんなんじゃ世の中、生きにくいっしょ」
というところ、ですよねえ。(苦笑)
はあぁ。


なんか目の奥が痛いんですけど、なんかしたかなぁ、わたし。(^^;;
今夜は早めに寝ることにしましょうか。
ブログと日常 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
針と糸でできるもの 
2006 / 10 / 03 ( Tue )  22:26
ちょっと別の目的で余り毛糸を探しているうちに、編みかけのセーターを見つけて手を付けてしまいました。(^^;;

はい。「針と糸で」って、編み物です。はい。

わたしは、けっこう編み物は好きでして・・ 大学時代~20代前半ぐらい、ネットを始めて余暇の大部分をこっちに取られるようになるまで、かなり熱心にやっておりました。
編み物の専門誌とかも買ってましたし、まあ毎年最低でも1枚はセーターを作ってた・・かな。セーターだけじゃなく、もちろんマフラーに帽子に手袋、靴下、ショール・・と、作れそうなものは片端から作りましたねえ。

編み物のいいところは、ほんとに何になるとも知れない一本の糸と、編み針・・って、単なる2本の細い棒、それだけで何か「かたち」が作れてしまうところだと思っています。
だから手をかけて製図したりするような現代的な編み物より、「手首の太さ」の倍数だけでセーター一枚作ってしまうような民芸みたいなモノが好き。北欧の伝統的な編み物の本とかも持ってます。(^^;;


編み始めてしまうと、ついつい時間を忘れます。
編み物って、ある程度は手元に注意を向ける必要はあるんだけれど、ぼうっと考え事をするのに向いています。
あんまりシリアスだったり怒ったり泣いたりするようなことは考えられない(手元がおろそかになるから)けれど、ゲームや読書のように集中する必要はないので、手元を動かす「ほか」に、頭を半分ぐらい動かせるんですよね。
日なたぼっこでもしながら、うたた寝しそう・・ だけど、まだ寝入ってないぐらい、そのぐらいの時に脳裏をよぎるような物思いにひたれます。ふわんとした、なかなかイイ気分です。(笑)

ただし問題は・・・ そう、音楽を聴きながらは編めるんだけど、まさかにゲームをしながらは無理!!なので、そっちがまったく止まること。
実はモノによっては本ぐらいは読めちゃうこともあるんですが・・(爆) さすがにゲームは無理です。両手ふさがってるもん。(^^;;

まあでも、編みかけのセーターは、あと片袖で出来上がっちゃうので(せいぜい今週一杯ぐらいかな)、それまで、ですけれどね。
ブログと日常 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
脱力・・・ 
2006 / 10 / 03 ( Tue )  00:30
えっ。

とあるサイトさまの、とある記事にコメントさせていただいて。

その後一日、「いや、ああいう書き方は誤解を招く? ん~ でもな・・」とウロウロと考え続けて。
(まじめな内容にバカなネタ的コメントを付けたので。(^^;;)

「誤解されてなければいいけど」「ご気分を害してなければいいんだけど」と、様子を見に行って・・・ って!?

問題のコメントが無い。(がーん)
ま、まさか削除された・・!?

書き込み欄をよくよく見るとボタンが2つ。
どうやらわたしは「プレビュー」ボタンをクリックしていたらしく。
って、そか、プレビューの後で確定してやらなきゃいかんかったのね・・・(^^;;

まあ、何も考えずにいきなり投稿されちゃうサイトより親切なんだけどねーw 短時間でチャチャっと書いたんで、ちゃんと確認してなかった自分が悪いんだけどね・・・
はふっ。

他のサイトさまでも、こういう2段階投稿のところはけっこうあって、そこでは間違えないのに、なんで今回だけ間違ったかなぁ・・(^^;;
(あー でも実は、このサイトさまでは間違ったの2回目かも。なんでかプレビューモードだけで満足してウィンドウを閉じちゃうのよね(苦笑))

一日ドキドキ・ウロウロと思い悩んだコメント内容は、あっさり忘れることにしましたわ。(^^;; 思いつきのバカネタなんで、2度は書けませんもん。さすがに。(笑)

あーー なんか脱力。はふぅっっ。
ネットライフ * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
読了:『囚われの一角獣―英国妖異譚〈3〉』 
2006 / 10 / 02 ( Mon )  17:18
他にも読みかけてる本はあるんですけれどね・・ なぜかコレを一番最初に読み終わってしまいました。(^^;;
古本屋では全滅なんで新刊で買った「英国妖異譚」の3冊目です。

『囚われの一角獣(ユニコーン)―英国妖異譚〈3〉』篠原 美季 講談社X文庫ホワイトハート
**内容(「BOOK」データベースより)fromアマゾン
フランスの中世の古城―そこは、処女が汚されると、すべての者に死が訪れる―と言われていた幽霊城だった。怪しげな儀式で呼び覚まされた怨霊に取り憑かれた少女が起こす凄惨な事件。ユウリの前に現れた白い仔馬は、いったい何を語ろうとしているのか―!?処女の守護神、月の女神ディアナに願いを取り次ぐ霊感少年ユウリの大活躍。大好評「英国妖異譚」シリーズ第三弾。

囚われの一角獣(ユニコーン)―英国妖異譚〈3〉 囚われの一角獣(ユニコーン)―英国妖異譚〈3〉
篠原 美季 (2002/05)
講談社
この商品の詳細を見る

ふむ。さて。

相変わらず背景情報はしっかりしてますね。中世の城にまつわる伝説やら聖杯やらユニコーンやらの話から、「古城を維持するのに助成金が」なんて現代ネタまで。(笑)フランス語でのやり取りに付いているカナも(わたしのフランス語知識の範囲では)翻訳ソフトを通したような直訳じゃなくて自然な感じ。 ほんと、そういう点では安心して読めます。
(まあ西洋中世史好きとしちゃ異論もありますwけど、小説の背景(まして伝説として語られているだけのもの)としては、ま、十分じゃないかと)

(はてさてとりあえずココで分割・・っと。今回あんまりネタバレはしてませんが、あんまり褒めてもいませんのでご注意。言うまでもなく「萌え」はありません・・・(^^;;)

* テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌 *
読んだ本の話 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
夜着のはなし 
2006 / 10 / 01 ( Sun )  11:30
まだ雑談です。(^^;;
どうにもノーミソがお休みをいただいちゃってるみたいで。(苦笑)

と。まあ。

夜寝るとき、いったいどんなものを着てるのが普通なんでしょうか。
わたしは10年以上も「ネグリジェ派」
寝てるときにお腹回りがゴソゴソするのが嫌いなんで。
・・・まあ、ロングTシャツでも十分なんですけれどね。

ところが、この「ネグリジェ」というやつ、あんまり多数派ではないようでして、けっこう買うのに苦労するのです。(^^;;
別に人に見せるわけじゃないので、そんなセクシーだったりエレガントだったりロマンチックだったりする必要はないんですよー フリフリもリボンも必要なし!
吸湿性のいい、出来ればパイル地かガーゼ地で、丈は膝下まで、袖は五分から七分袖ぐらい(まあ冬物は長袖でもいいけど)がベスト。
なんですが。

どういうわけかネグリジェってロマンチック系とセクシー系が多くてですねえ。こういうシンプルな「夜着」という感じのは意外にないんです。
あってもやたらと高かったり・・・ (ため息)
普段使いなんだから、それなり枚数そろえて、ガシガシ洗濯したいじゃないですか。1枚5000円も6000円も7000円もしたら、そう枚数買えないですってば。
ロングTシャツでもいいんだけど、これまたそれなりにお値段しちゃいますしね。別に人に見せるわけじゃないから、ファッション性なんていらないんだってば。

そんなわけで20年ぐらい前に通販で買ったのをまだ着ていたりします。(^^;; もうヘロヘロになっちゃってますけどね。
まあシンプルな形なんだし、自分で作れば安いんですけど・・ さすがに面倒だ・・・
(まあ20年着るんだと思えば、7000円で買ってもいいのかもだけどw)
ブログと日常 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス