アクセス解析
FC2ブログ
スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
「遥かなる家族計画」に手を出してしまい・・ 
2006 / 10 / 12 ( Thu )  13:32
流行モノには出来れば手を出したくないあまのじゃくのワタクシですが・・・
誘惑には勝てず、やってしまいました。(^^;;
 インスタント占いツクレールで作られた「遥かなる家族計画」というヤツです。

結果・・・

あtoんさんは梶原景時家 の嫁です☆

●梶原景時家の嫁の貴女。家族構成は、夫→梶原景時。長男→九郎。次男→知盛。末っ子→白龍。 貴女を取り巻く環境は、愛人→敦盛。ストーカー→弁慶。近所の電気屋さん→リズヴァーン。

旦那様から一言→
「トイレットペーパーが、二つね。御意~」

●あtoんさんの開運ダンスは、阿波踊りです!


うーむ。景時さんかぁ・・・
このセリフからすると買い物してきてくれるのね~(笑) いや、助かりますw
子供たちもこの3人じゃ苦労が多そうですなぁ。きっと3人とも(タイプは違うけど)甘ったれだ~(笑)

ところで、弁慶さんにストーカーされるって・・・ 非常に身の危険を感じるんですが。(^^;; 

(と、キーボードの「A」のキーが不調(反応したりしなかったり)のようなのでココまでで。
一度分解掃除でもする・・か・・・(マック用の古いタイプの接続(ADB)なので代わりを手に入れるの大変なんですよー これ))
スポンサーサイト
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(2) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
「遥か3 十六夜記」:地の青龍十六夜エンド 
2006 / 08 / 24 ( Thu )  12:06
やっと・・・ たどり着きました。地の青龍・十六夜エンド。
昨夜がねえ、早々と寝てしまったもので、朝4時に起きだして遊んでましたよー(^^;; われながらとんでもないというか、たるんでるというか・・(ま、いいか)

さて、なんだかやけに手間取ってしまった地の青龍の十六夜ルートでしたが・・・
九郎さんてば、かっこいいじゃない!(笑)
って感じでしょうか。(笑)

いや、予想より良かったですよー
最後のアレは、まあ、あちこちで感想を読んで知ってたんで・・・
でもそこまで含め、予想よりずっと良かった、かな。

にしてもこのルートだとね・・ なんか景時さん、かっこいいんですけど。(本編の時もだけど、自分のルートより他人のルートに見せ場がある人ですよねえ。(^^;;>景時さんて)
将臣くんも、イイところ見せてくれますし・・

そしてやっぱりちょっと、平泉ルートは「詰め込みすぎ」ですね。
十六夜エンドの「専用ルート(章)を立てない」という縛りも、今回はキツかったかなぁ。

(というところで、例によってネタバレ回避に分割しますね。)

* テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
「遥か3 十六夜記」:地の朱雀十六夜エンド 
2006 / 08 / 19 ( Sat )  16:23
そして地の朱雀十六夜エンドに到達!

今度は納得できる!
うんうん。

あー 投げ出さなくて良かったです。(^^;;

さすがに通常の恋愛エンドほどのインパクトはありませんが、このルートはなかなか悪くなかったですねぇ。
当人達にとって以外は、もしかしたらそれほど「ハッピーな」結末ではないのかもしれないけれど。でも、こういう物語なら納得できてしまいます。

そして・・・ 相変わらず弁慶さんは泣かせてくれますねぇ。(^^;;
いや、泣きませんでした!泣きませんでした・・けどっ!

---
そうそう、わたしが「壇ノ浦後」の義経さんについて、全般に厳しめな見方をしてしまうのには、一つ大きな理由がありまして。
『平家物語』での、話なんですけどね・・ 壇ノ浦の戦の後、義経さんてば、まんまと京のお公家さんやら、平家の生き残り組に懐柔されてしまうんですよねー
一番は(後白河院に勝手に官位をもらったことじゃなく)平時忠に娘をもらって、時忠が持っていた「頼朝に見られるとまずい書類あれこれ」の焼却をOKしてしまったこと。
『平家物語』中では、これは、「女性の嘆願を無下にしない優しい心持ち」の証として出てくるみたいなんですが・・・ 「いや、そりゃダメでしょ」と思わずつぶやいておりました。頼朝方から見れば、これはあからさまに裏切り行為ですよねえ。あるいは「戦後処理」は自分の采配のもとにあると思っているか。(西国は自分の支配地と思っていた云々てな頼朝宛の手紙も出てきますし)
これで「討つな」と言っても、無理というもんだなぁと。

で、ゲーム中の義経さんは、もちろん『平家物語』の義経さんとイコールではありませんが。(異世界ですし)
でも、あの性格じゃ・・ やっぱり「取り込まれて」しまいそうなんですよね。後白河院だけじゃなく、たとえば熊野勢力に、とか。(あの熊野別当殿ならやりそうです(笑)還内府が居残ってれば平家にもたぶらかされそう(爆笑))
まあ、一事が万事「兄上が・・」な人なんで、こっちの世界の義経に比べれば、危険性は少ないかもしれませんが・・ 鎌倉に帰り、全軍を返還し、恩賞を待つのみ、ぐらいの姿勢でないと、無事に生き延びるのは難しいような気がします。軍事力を握ってるかぎり、鎌倉殿にとっては「警戒すべき勢力」でしょうからね。(でも、そんなふうに見られる可能性がある、ってことを納得しなさそうなんですよねー それが一番危険。)
---

ここで義経の話を長々としてしまうのは・・ もちろん「地の朱雀=弁慶さん」だから。弁慶さんの運命は、九郎(義経)と無縁というはずはありませんから。はい。

(そしてネタバレ回避用に分割するのでありました。ふぅ、前半が長かった・・)
* テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
「遥か3 十六夜記」:地の白虎十六夜エンド 
2006 / 08 / 18 ( Fri )  03:02
お・・ 終わった・・・

平泉ルート・平泉エンドで散々だった景時さんを救済すべく、ようやくたどり着いた「地の白虎・十六夜エンド」でしたが・・・
わたしは大声で言いたいぞ!
こんなんでいいのか!

うーん。「しょせんはオマケディスク」ってことなんでしょうか。(しょんぼり)
途中までは良かったんですがねえ。

あ、そうそう。
今回平泉ルートで誤字(というか余字)を見つけてしまいました。他にも戦闘後に敵パラメータが残ってるのにお祝いセリフを言うキャラクターの顔絵が出たりとか、ちょっとアレコレありすぎますねえ。うーん。
いくら本編と価格差あるにしても、新システム作ったわけでも無し、アニメも無いし、これは手を抜きすぎでは?と思うところが多々ありますな。(本編の赤字?をこっちで取り戻してるとか?(^^;;)

まあ、その話はあとでまとめてするとして。
ネタバレ回避用に分割します。

* テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
「遥か3 十六夜記」:平泉エンド 
2006 / 08 / 16 ( Wed )  22:01
さて引き続き平泉ノーマルエンドに到着。

いやぁ、やっぱり新ルート、新エピソード群はいいですねえ。
あー 中身のよしあしとかじゃなくって、とにかく「新しい」のがいい!(笑)
3の共通ルートは見飽きちゃってるんですね。(^^;;

でも、平泉エンドの感想としては・・・
詰め込みすぎ!
って感じでしょうか。
エピソードも、1ルートに詰め込むには多すぎましたし、なによりスタッフロールの「後」が長い長い!


(で、とりあえずネタバレ回避ふくめ分割しますね)

* テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
「遥か3 十六夜記」:地の玄武十六夜エンド 
2006 / 08 / 16 ( Wed )  06:59
ふうぅ・・・ ようやっとたどり着きました。
初の十六夜エンドは地の玄武からです。


と、言いつつ、最初はちょっと十六夜記全般について。細々としたことで気になっちゃったことを。

まず、メッセージを自動送りにしておくと、声がある場合、メッセージ間が詰まりすぎて聞こえるってのは、なんでだか。(コルダも自動送りにしてるんだど、そんなこと無かったのになぁ)
メッセージスピードを速くしてるから・・なのかもしれませんが、ちょっと変。

そして新衣装、デザイン云々はさておき、譲君の手が合ってない(前の絵から手の部分だけ切り抜いて新しい衣装の絵の上に貼り付けてるみたいなんだけど、周囲と馴染んでない)とか、景時さんの顔、新表情の分だけ小さすぎる(これも前の絵に顔だけ上から貼り付けたんだろうと思うけど)とか、ちょっと「あれれ?」と思うところがありますねえ。
色調も前より濃いので、これまた背景と馴染まないところがありますし。
あと、平家側シーンで画面の上下端が切れてワイドスクリーン風になるのは構わないんですが、これのせいでセリフの入ってる吹き出し(と言っちゃっていいのかしら)の上端が切れるのも、すごく気になります。
まあ、オプションディスクみたいなもんだから、とは思うものの、「丁寧に作業すればこんなことにならないはず」とも思うんですけれどねぇ。そんなに締め切りギリギリだったのかしら。

あー セリフの追加分は、説明不足のところを足したりとか、努力してるなーと思うんですけどねー
あと室内! 章によって(ということは場所によって)室内の調度が違っているのは、細かいですねw 

と、ちょっとボヤきを入れたところで、本題へ。
ネタバレ回避用に例によって分割しますね。

* テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
「十六夜記」はじめてみましたが 
2006 / 08 / 12 ( Sat )  17:06
あらら雷が鳴ってる・・・ だいじょうぶかな・・・ と言いつつも、コンセントは抜いたりしないでネットとゲーム三昧の土曜日です。(^^;;

さて、ようやく「十六夜記」に手を付けました。

これ・・ ええと、入手したのはプレミアムボックス版のゲーム部分だけ、というものなんですが、パッケージを開いてビックリ。
ディスクのラベルがフルカラーなんですよねー
あわてて確認したけれど「3」は一色刷りですよね。「十六夜記」って、全部こうなのかしら。それともプレミアムボックス版だから?
なんか見てるだけでも華やかで、ドキドキします。


説明書をさっと読み、ゲームスタート。
MIXJOYが面倒、という話は聞いていましたが、うーむ、ほんとに一瞬「3のディスクがあるかどうか」をチェックするだけなんですねえ。データ読み込みとかしてないでしょ、これ。(^^;; ID認証みたいなもん?(苦笑)
十六夜記のディスクに前のデータも全部入れられるんなら、一枚にまとめたバージョンとか出してくれればいいのになぁ。

とかボヤきつつスタート。
「楽曲集」とかオマケが増えてるのがいいですねえ。まあ表情集はわたしにはあんまり・・・だけど。
あー 「十六夜記」の予告編ムービーとかも入ってる・・ って、コレを見るとなにやら切なそうな話になりそうで、ちょっと腰が引けてみたりして。(苦笑/そんなん最初からわかってることなのに)


コンバートした大団円まで行ってるデータでとりあえずスタート。
うーむ、でも見慣れちゃっててイマイチ乗り切れない・・
それじゃ、と「はじめから」を選んでみると・・ あらら? オープニングがちょっと違うんですねー へええぇ。
こっちをしばらく遊んでみて、でもやっぱり休止。

そう、今のところ止まってます。
コンバートデータの方でいくらか進めてみてるんですが・・ やっぱり一度やったところを何度も見るのはちょっとつらい、かな。読み終わった本を何度も読み返すみたいなもんですからねえ。好きな小説なら何度でも読み返すけど(←ふつう3回は読みます)、共通ルートは3回なんてもんじゃなく見てるし・・・ ちょっと飽きてる感じはありますねえ。

春の六波羅で御簾越しに「十六夜の姫君」とか言われちゃったけど、目新しいのはコレぐらい?(いやいちおう、京邸での追加とかも見ましたけどねー)

今回は前回とは逆に進めてみようかと、最初は先生からの予定。
地の八葉からスタートして、最後に天の青龍、かな。新キャラをどこで見るかは・・ まあ、追々。


「十六夜記」になって、「以前選んだことのある選択肢」の色が違うようになったんですね。いや、便利と言えば便利だけど、でもちょっとどうかなぁ。・・・「ぜったいこれ違うよね」と思うような選択肢でも「まだ選んでない」と出ると、選ばなきゃいけないような気になっちゃう。(^^;; うっかり三草山で経正兄上と戦っちゃいましたよー(爆)


今夜は妹にPS2貸出の予定なので、これ以上は進められない、かも。
「飽きずに」やるには、なんか考えないとダメかな・・・ さて、どうしようかな。
* テーマ:遙かなる時空の中で - ジャンル:ゲーム *
ゲームの話:遥かなる時空の中で * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。