アクセス解析
FC2ブログ
スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
結局『エリーのアトリエ』も買ってしまいました 
2007 / 04 / 17 ( Tue )  19:53
先日、『マリーのアトリエ』を買ったばかりですが、あれはボリュームが少ないというか、さくさく進み、さくさく終わってしまうゲームでしたので・・・
まあ、いちおうエンディングを3種類(攻略サイトによると5つあるらしいんだけど/プラスは6つらしいけど)見たので、「こんなもんかな~」と。

「次」を買ってしまいました!(^^)>゛

PlayStation the Best エリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術士2~ PlayStation the Best エリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術士2~
PlayStation (1998/12/17)
ガスト
この商品の詳細を見る


今度は間違いなくベスト版の方です。
前回、通常版(初回版、というべきなのかな)で、ハマりポイントにハマりましたから。(^^;;

えーっと。
ちらっとやってみたんですが、うん、こっちの方が面白いですね。
いろいろとシステム的にバージョンアップしていますし。

「調合」に、単にレシピ通りに調合するだけじゃなく、「材料の配合を変える」とか「知らないアイテムを作りだす」なんてのが加わっただけでも、これは面白そうな。(まあ結局のところ、既定のアイテム、既定の数値を「探しだす」だけかもしれませんが)
キャラクターも増え、日常の細々としたイベントも増えて。
(んで、もしかしてこれ、ラブラブエンドがあるんじゃない!?)

でも前作ネタみたいな話題も少なくないので、前作を一応やってから、こっちに手を付けてよかったなとは思います。はい。

あ。お値段は中古で1500円ほどでした。ま、順当かな。

スポンサーサイト
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
なぜか今さら『マリーのアトリエ』 (修正・加筆 4/11 11:00) 
2007 / 04 / 11 ( Wed )  00:58
今見たら、あまりにも日本語がヘロヘロ&説明不足が多いので、ちょっとあちこち修正加筆。m(__)m 4/11 11:00 a.m.
これ書いたとき、ほとんど寝てたんですよね・・ 

---------

コルダにも少し疲れたかなぁ・・・ なにより「乙女ちっく」な気分じゃないのよねー
と、思っていたところに、ふと目に留まってしまいました。

PlayStation the Best マリーのアトリエ プラス~ザールブルグの錬金術士~ PlayStation the Best マリーのアトリエ プラス~ザールブルグの錬金術士~
PlayStation (1999/12/17)
ガスト
この商品の詳細を見る


あれれ、これは「プラス」ですが、わたしが買ったのはプラスじゃない方。(アマゾンのプラスじゃないほうには画像がなかったのでこっちを)
元祖大本の『マリーのアトリエ』(PS版)です。
ベスト版でさえ無かった・・・

そもそもは、フリーゲームの『レミュオールの錬金術師』とか、その発展系のシェアウェア『海洋レストラン★海猫亭』なんかにハマっちゃったので、こういう「合成」&「お店経営」っぽいゲームは、もしかして楽しいんじゃないかと・・・ ってことは、本家本元のアトリエシリーズを一度はやってみなくちゃなぁと、そんなことを思っておりましたのですよ、最近。
そこに安いのが目に付いたもので、良い機会とばかり、ひょいと買ってしまったのでした。
(実はその場に「プラス」もあったんだけど、お値段が倍ぐらい違う(と言ってもプラス無しが500円で、プラスが1000円とか、そんなもんだけど)ので、とりあえずは安いほうを。(^^;;
もしも、ものすごーーーーく面白くて、もっとやりこみたくなるようだったら、このお値段なら、追加でプラスも買っても、まあそれほど悔しくないですから、って理由はセコいでしょーか?(^^;;


んで・・・
まあ、昨夜からやってます。
とりあえず一周して、エンディングまでたどり着きました・・・ むしろ最近のフリーゲームの方がボリュームはあるの、かも?

思ったより「合成&お店」系じゃなかったですねー 意外に戦闘の重要性の高い、RPGっぽいゲームだなぁと思いました。(まあダンジョン探索とかはないけれど)
「お店」要素はほとんどありません。「依頼」に応じて合成品を作るということはあるけれど、店頭に並べて売れるのを待つ、ということはないし。
合成そのものは、レシピ通りにしか作れないし、レシピ無しでは何も出来ないし、「をを!会心の~」とか言ってレアアイテムが出来ちゃったりする(笑/某オンラインゲームじゃあるまいし)ようなヒネリもありません、が。

ものすごくシンプルなわりには、けっこう遊べます。これ。
このぐらいストレートだと飽きちゃいそうかなと思ったんですが、意外に(少なくとも1周ぐらいでは)飽きなかったし。
合成する素材の組み合わせが、なんとなく納得できるというのも、一つの理由でしょうかね。(意味不明の組み合わせを強制されるより、「世界観の一部」として受け入れやすく、物語との整合性が高いので、「作業をやらされてるだけ」という気持ちになりにくい・・ということ、かな)

そんなに難しくもなく、ちゃんと説明読んで遊べば、誰でもそれなりのエンドにはたどり着けるようになってます。
まあ、一周目では途中でレシピが増えなくなっちゃって、けっこう行き詰まり感のある終わり方になっちゃったんですけれど。
(攻略サイトさま調べたら、「有名なハマりポイント」に落ち込んでいたらしい・・・(^^;; ベスト版だかでは修正されているらしいんですが・・・ あはは、おそるべし中古!(爆))


エンディングは複数あるようなんですが(わたしが、とりあえずたどりついたのは「エンディング5」というのだった・・・)、途中経過がとにかくシンプル(飽きるような単純さ、というのとは、ちょっと違うけれど)なので、何周もするのはつらいかも。
時々発生するミニゲームは、古風なアクションパズルが多くて・・・ 実は全然クリアできませんし。(^^;;

ボリュームが少なく感じるのは、実はフルボイスなので、PS用ディスクの容量が、このぐらいで目一杯だったという事情なのかも?
(実はけっこう有名どころの声優さんが出ていたりするんですよね。最後のスタッフロールを見るまで気がつかなかったけど。(^^;;)
もっとも、ゲームってボリュームさえあれば良い、ってもんじゃないですよね!


ふと思いついたときに数日ハマって、(とりあえずエンドだけは見て)それでまた放り出して・・・ 的な遊び方をするのには向いてるような気がします。
画面(キャラデザインや背景)も、とってもきれいですし。

ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
また久しぶりにWinでゲームを 
2007 / 03 / 13 ( Tue )  21:13
どうも体調がすっきりしないこともあって、ゲームも小説も、とにかくココに書くような「たのしみごと」を放り出し気味で、なかなか出来ないんですが・・・

ちょっと久しぶりにWinマシンを立ち上げて、ちょちょっとリンク先をチェックしていましたら、あらまぁ。
以前、この記事で書いた、Win用フリーゲーム「レミュオールの錬金術師」を作った方が、新作を出していました。
またまた「お店経営シミュレーション」だそうで、タイトルは『海洋レストラン☆海猫亭」 >製作者さまサイト「犬と猫」
ただし今回はフリーゲームじゃなく、シェアウェアです。1000円(+税)ナリ。

(ちなみに「レミュオールの錬金術師」の方は、iモード用アプリにもなってるらしく・・・ あああ、わたしもPHSをそろそろFOMAに変えるべきかなぁ・・・(^^;; )

さっそくに体験版をダウンロードして遊んでみたところ・・・ うーむ、やっぱりハマり系ですなあ。
我慢できずに(なんせ体験できる期間が短すぎるので)1050円支払って買ってしまいました。
・・・とにかくハマりますな。(苦笑)

と言ってもこれ、レミュ金(←レミュオールの~はこう略されるらしい)を知らないと、ちょっと遊びにくい、かも。基本システムが一緒で、だいぶん複雑化した感じなので。まったく初めてだと「なにがなんだか?」になっちゃうかも。

このところ「ゲームでもしようか」と電源を入れても、10分と続かない状態だったのに、久々に「数時間」の単位で遊んでしまいました。
こういう淡々とした「作業ゲーム」なら出来る、ってことなのかな。
単純作業じゃなく、淡々としているにしても、けっこう細かな工夫やら何やらが必要なところが、徹底して「ハマる」原因じゃないかと思われます。


・・・さて、もう少し頑張りますか。(爆)

ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
それなのにWinフリーゲームもやってます 
2007 / 01 / 11 ( Thu )  12:59
幻水を妹がやってるから・・ というだけの理由じゃ(たぶん)なく、なんとなく久しぶりにWinでゲームがやってみたくなって・・・

ハマってしまいました・・・ (あちゃあ)

無料のシミュレーションゲームです。(非オンライン)

 レミュオールの錬金術師 というタイトルなんですが
 (↑Vectorの紹介ページにリンクしてます)

フリーゲームの紹介サイト(サニーガールさま)で面白いと紹介されてた(フリーゲーム一般向け→シミュレーション・やり込み系)ので試してみたんですが・・・
いや、これは、ヤバい。(^^;; ハマります。

最初は「なにをやったらいいの?」って感じでしたが、10分もすれば要領判明。
商品を仕入れて、来たお客さんに売る。
要はこれだけ・・・ なんだけど。

売った個数が100を越えると、一々自分で仕入れに行かなくても毎朝(在庫が少ないと)自動的に商品が補充(お金はかかるけど)されるので、まずは100個売るのを目指します。
で、「加工可能」な品物については、200個売れば加工が出来るようになり(成功率や、加工するのに何個必要か等は売った個数で変わるので「10個必要で確率60%」とかだったら、まだまだ売り続けて熟練度??を上げるのが吉。)
500個売れば、一日の途中でも自動補充がされるので、定番商品に出来ますし。

序盤はとにかく「売り棚」と呼ばれる「並べられる商品の種類」がものすごく限られるのと、倉庫の容量=保有できる商品の総数(種類じゃなく個数の総数)が少ないのに苦しめられました・・
すぐに売り切れになっちゃうのよね・・・ (^^;; 「BYE」(品目名をリストから外す)しても売った数のカウントはリセットされない、とわかってからは、一時的にしか入荷が見込めない品は売れ次第どんどんBYEして、なんとか繰り回しましたが・・・

単純な行動を、延々と続けるだけ、のゲームなんだけれど、途中で同じ街の他のキャラ(この製作者さんの「晴れたり曇ったり」というシリーズに出てくる/いちおう「晴れたり曇ったりN」というのもやってみました・・こっちもハマり系。(^^;; ヤバいですw)が現れて、商品になるものをくれたり、ミニゲームを挑んできたり(勝つとイイコトが)、ほどほどに気が紛れるので飽きません。


で、気がつけば日付も変わり・・・ 眠気でフラフラになってるのに、指はクリックを続けて・・ って、あああ!まだたっぷり残ってる商品を削除しちゃったよーー
なんてことを続けて。
どうにもならなくなるまで遊んでしまいました。(ああーーー眠いっ!(爆/自業自得です))

こういうシンプルなゲーム、逆にハマりますよねえ。
絵は可愛いしね。こういう絵だけど変に恋愛方面にイベント発展させてない(「ふーん、○○さんて△△さんが好きなのねー」と主人公がニヤニヤしたりするぐらいはありますが)のも、逆にわたしには好感です。

・・・でも、睡眠不足、がっ
(それなのに、こうして説明書いてるだけでも「あーやりたいっ」となってしまう・・ 怖いですね。(^^;; )


ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(1) * page top↑ * [Edit]
2006年マイベスト(ゲーム編) 
2006 / 12 / 31 ( Sun )  12:00
さて次は2006年に「わたしが買って遊んだゲーム」について。
あくまで、「わたしが」なので、今年の発売とは限りません。・・・むしろ古いのが多いかも。(^^;; 値段が下がらないと買わないですから(苦笑)


今年はほぼ10年ぶりに「ネオロマンスゲーム」に手を出した年でした。まあその結果、こんなブログまで作るハメに陥ったわけですが。(^^;;
BLゲームにも(勢いのままに)初挑戦!してしまいましたし・・・
また昨年末にようやくPS2を買ったので、久々に「たくさんゲームをした」年でもありました。10本以上買いましたからねえ・・・ ほんと、こんなにゲームしたのは久しぶりです。


その中で「マイベスト」は・・・ 
 『金色のコルダ』(コーエー/ネオロマンスゲーム) かな。
シミュレーション部分の「ゲームとしての楽しさ」にハマりました。
あんまり甘すぎないイベントも、わたしにとっては良かったところ。
来年3月の「2」の発売が、ほんと楽しみです。簡単になっちゃってるとガッカリなんですけどね。


あとは、ううむ。
「手放しで褒められる」ものは少ないなぁ。「そこそこは」面白かったってものはあるけれど、イマイチ満足しきれてないというか。
まあ、だから次々と「次のゲーム」に手を出してるのかもしれませんけれどね。(^^;; 「なんかもっと面白いものはないか」って。



ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
体験版あれこれ 
2006 / 12 / 15 ( Fri )  19:23
フリーゲームにちょっと飽きた、のかな?
とにかく、Win用ゲームの体験版をいくつかダウンロードしてきてやってみました。
乙女ゲームとBLゲームばかりですが。(^^;;

まず・・
「Love&Dropsみらくる同居物語」(乙女/18禁)の体験版。
 うん。なかなか面白そう。
 女の子がけっこう大人っぽい感じ。まあ18禁ってことだから、こうなるの、かなぁ。
 とはいえ、乙女ゲームで18禁モノをやってみたいという気はあんまりしないんですけれどね。(「恋愛」の一部として、そういうシーンがあってもおかしくはないと思うけど、別に暗転&朝チュンでかまわない気も。(^^;;)

んで次に最近あちこちで見かける「バトラーズ 召しませお嬢様」の体験版もダウンロード。
 うーん、こっちは・・・
 ちょっとこっちはイマイチな感じかな。執事さんたちの「執事さんぶり」にツッコミどころ満載なのもありますが。(苦笑/わたしは戦前のイギリス系ミステリとか好きなので・・ 「執事らしさ」に関してはちょっとウルサイ、かもw)
 それだけじゃなく、なんとなく、シナリオが冴えない感じが。
 やたらと「体験版につき省略」ってメッセージが出てくるのも、うっとうしい感じです。体験版用にダイジェスト版を作ってるのじゃなく、本物の一部を流用してるだけなのね。んで長くなるところは端折ってる・・・ってことかな。でも端折ってても十分のような気も。(つまりそれだけ本文が冗長ってこと、ですぞ。)


Win用の乙女ゲームでも、18禁じゃないのは意外に「体験版」が無くってねえ・・・
でもムービーとかシーンセレクト集とかあってもしょーもないので。わたしとしちゃキャラの絵や声よりも、ゲームとしての遊び心地、ノベルゲームなら文章の雰囲気なんかを見たいんだけどなーー


んで、そのままBLゲームへ。

んで、「ラメント」
 うーん、これはすごい!!
 いや、中身もだけど300MBってなんですかー(笑) ダウンロードさせるデータ量じゃないわよねー これ。(^^;;
 それはともかく、「動作環境が厳しいから体験版でチェックしたほうが」みたいなことをレビューサイトさんとかで読んでたんですが、このマシンで十分動きました。PenIII866MHz+メモリ256MB+Win2000SP4で。
 中身は・・・ こっちもすごかったなぁ。画面がものすごーーくきれいで、音楽も素敵。
 なにより特筆すべきは「セリフをちゃんと聞けた」ってこと、かな。いや演技の良い悪いの話じゃなくて、ですね。演出が凝ってる(画面上部に背景+キャラ、下に文字の出る枠、というスタイルに固定してないの)からなのかなんなのか、いつものように「一瞬で文字は読めちゃうからセリフを聞いてるのが面倒でさっさと早送りしちゃう」ってことが無かったのです。文字を読むより画面を見ながらセリフを聞いてました。こういう経験は初めてかも・・・
 しかし長かった・・ 選択肢なしなのに約1時間かかりました。なるほどの300MB、ってこと、でしょうか??


あー まあ、体験版が良くてもゲームそのものを買うかどうかは別なんですがねー
体験版がダメだったら買いません、が。(^^;;
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
フリーゲーム:女性向き? 
2006 / 12 / 11 ( Mon )  18:37
またまた隔日。・・・年末ゆえ仕方ないと思っていただければ。m(__)m


Winマシンを入手して(あれこれセッティングして)早速に遊んでみたのは各種のフリー(無料)ゲーム。
VirtualPC上のXPでもやってましたが、どうしてもスペック的に厳しいものがいくつもありましたからねー
まあ、このためにWinマシンを買ったようなものですし。(^^;;

なかなか「これは」と思うものに当たるのは難しいですが、昨日は一つ当たりに出会いました。VirtualPC上ではどうにもムリだった(トップページが表示されるまでに2分ぐらいかかった。(涙))ので、Winマシン買ったら是非、と思ってたものです。(けっこうあちこちで評判が良いようなので)

ええと、タイトル「月葬の城」というノベルゲームです。
Vectorのダウンロードページ作者さまサイト

内容は、ファンタジー風の異世界を舞台に、『聖女』であるヒロインが、なぜか突然『聖女』としての役割を果たせなくなり、しかも過去の記憶を数年分だけ失ってしまうところから始まります。
市井の人として生きようかというヒロインに、失った過去に住んでいた城から匿名の手紙が届き、その手紙に惹かれたヒロインは城を訪ねて自らの過去と失われた真実を探すことになる・・ というようなもの。

絵がけっこう良いなぁと思って手を出したんですが(フリーゲームの絵って、言っちゃ悪いけれど、あんまり上手なじゃないものも多いので)、中身もなかなか。
文章はしっかりしているし、誤字脱字もそれほどありませんし。
なにより物語には、けっこう引き込まれるものがありました。いちおうメインはヒロイン視点で進むんですが、かつて何年も住んでいたはずの城なのに、なにかみんな言いたそうな、妙に距離があるような・・ という雰囲気が、けっこうゾクゾクさせられます。結末も、予想出来ないとまでは言わないけれど、それなりに衝撃的ですし。

もっとも「ゲーム性」というほどのものはありません。
トゥルーエンド1つにバッドエンド2つ。つまり「真実は1つだけ」(まあバッドと言っても真相そのものは解明されるんですが・・)という作りですから。あくまでも「お話を読ませること」がメイン。
いちおうは「ゲーム」という認識でプレイしましたし、今カテゴリーも「ゲーム」の中にいれましたけれど、むしろこれは「お話を語る(小説ともマンガとも違う)もう1つの方法」という感触かな。

それでも良かったですね。なかなかに。
絵も上手ですし、背景のフリー素材の選び方なんかも上手。全体の雰囲気が統一されていて話に集中できます。音の選び方も上手なんじゃないかな。
それに話を変に広げてしまわずに、こじんまりとまとめているのが一番「上手」なところかも。(1時間ぐらいで終わります。)
・・・これ以上長いと飽きますしねえ。(^^;;

最初、バッドエンドに行ってしまって(これは仕方ないと思うんだけど。知らずに進めていたら普通はバッドになるんじゃないかなと)、あわてて戻って選択肢を選び直しました。お話は一緒で結末が「悲劇」になるか「ハッピーエンド」になるか、という違いだけなんですけれど。気分は「時空跳躍+運命の上書き」(笑)って感じでしたねー

選択肢は9ヶ所。
多いのか少ないのかわからないですが、まあ規模に見合っている、のかな。
1つでも間違えるとトゥルーに行けない、というのは、ちょっと厳しいですが(^^;; 結末(バッドエンドの悲劇の方)を知ってから、最初から選び直せば、まあなんとかなる、という感じ。バッドエンド2回見ちゃうと攻略サイトへのリンクが出たりする親切設計でもありますし。(←直前の選択肢だけ変えてみたらやっぱりバッドだった・・ので、攻略サイト案内画面が出てしまいましたw)


・・・面白かったんで、作者さまサイトにある番外編(?)も早速にダウンロードして続けて遊んじゃいました。(^^;;


-----
ちなみに、ノベル系のゲームをいくつか遊んでみて、「一般論的には」一つでも選択肢を間違えるとダメ、という作りにはどっちかつーと否定的です。わたし。
特に、間違った選択肢を選んでも物語が変わらないもの、最後の最後まで間違ったことがわからないもの・・ については、そう何度もプレイする気になれなくて。数回やってみても同じバッドエンドにしかたどり着けなかったりすると、うんざりしちゃいますよね。攻略ページ必須みたいなのは。(しかも物語の内容的に「なんでその選択肢が必須なのかわからん!」みたいなのは・・ ほんとにもう・・・ )

でもたまには、「それでも一生懸命、必要なポイントを探しちゃう」ということもあって・・・ 結局のところ、ノベルゲームである以上、「ノベル」の部分が魅力的でなくちゃダメ、ってだけのことかもしれませんね。(ノベル部分が魅力的なら、何度も読まされてもそれほど苦痛じゃないですしね。(^^;; )
ゲームの話:その他 * Com(0) * Tb(1) * page top↑ * [Edit]
インフォメーション
猫写真ブログ作りました.。
うちの外猫たちを
見てやってください
最新の記事
カテゴリ+展開メニュー
  • 猫写真(5)
  • 読んだ本の話(60)
  • ゲームの話:金色のコルダ(37)
  • ゲームの話:遥かなる時空の中で(25)
  • ゲームの話:乙女ゲーム(23)
  • ゲームの話:BLゲーム(12)
  • ゲームの話:幻想水滸伝(30)
  • ゲームの話:その他(33)
  • 見たものの話:映画とテレビ(8)
  • ブログと日常(141)
  • ネットライフ(14)
  • 未分類(1)
過去ログ*ピックアップ
プロフィール

あtoん

Author:あtoん
性別:女
年齢:三十路後半
家族:祖母&母&妹 平均年齢57.25歳

学術書でもBLでも。バッハでもアイドルポップスでも。
ジャンルがどうでも「面白いものは面白い」し「ダメなものはダメ」だと思うのですよねー

ゲーム好きに40の質問への回答
「元」女子高生に50の質問への回答
オススメミステリ

ブロとも申請フォーム
Tree-Comment
月別アーカイブ
リンク
順不同。というか、登録順。
勝手にリンクしています。
リンクしちゃダメという方はご連絡ください
情報源サイト
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
あtoんへのメール
匿名・匿アドOK。お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon サーチボックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。